お小遣いの小学生への与え方や相場~3通りの方法とポイント教えます!~




貯金箱

小学生の子供へのお小遣いについて、みなさんどうされていますか?

いつから与えればいい?いくらくらい渡せばいい?など悩みますよね

それらについて、ポイントとなることと、3通りの与え方の方法をお伝えしますので、是非参考になさってください!

スポンサーリンク

いつから与え、いくら渡すかを決める根拠

与える時期

  • 子供が自分で欲しいものがある。
  • お金は“物を買うために交換する”ために使うという役割を理解できている。

上記が与える時期を決める目安になります。

渡す金額

お金

ある調査によると、小学生のお小遣いは、月500円~1000円としている家庭が多いようです。

しかし、平均額にこだわる必要はないと思います。

“お小遣いを何に使うか”という大前提を決めるのが金額を決定する大切なポイントだと思います。

せっかくお小遣いを渡しているのに、今までと同じように、何でも親が買っていたのでは、お小遣いはただの余剰資金でしかありません。

お小遣いを与えることによって、“お金の管理術”を身に付けたいですよね。

必要なものを購入し、残ったお金でほしいものを買う。

そのためには、お小遣いで支払うべき“必要なもの”を何にするかを決めることが重要なのです。

例えば、文房具、本、マンガ、お菓子、習い事に関係するもの・・・など。

何を自分で支払うかによって、適正なお小遣いの金額が決められると思います。

スポンサーリンク

与え方の3通りの方法

与え方には、3通りの方法があります。

 ①定額制
 ②報酬制
 ③①と②を組み合わせたもの

それぞれの方法とメリット、デメリットをお伝えしていきます。

①定額制とは

108円

毎月、毎週、毎日といった決まった時期に、決まった金額を与える。

上記の渡す金額でお伝えしたとおりに金額を決め、それを時期を決めて与えるという方法です。

定額制のメリット

決まった金額がもらえるので、自分で計画してお金を使うことができるようになる

定額制のデメリット

“お金は労働の対価”という概念が伝わらず、お金を稼ぐ大変さが実感できない

②報酬制とは

掃除

お手伝いで働いた分に応じて、お小遣いを与える。

あらかじめ、“このお手伝いはいくら”と決めておくことがポイントです。

報酬制のメリット

定額制のデメリットだった“お金は労働の対価”という概念が伝わり、お金を稼ぐ大変さが実感できる

報酬制のデメリット

何にでも対価を求めたり、お小遣いがもらないとお手伝いをやりたがらなくなる可能性があります。

しかし、このデメリットについては、対策もあります。

“家族の一員として、家のことをするのは当たり前”という考えをきちんと伝え、2種類のお手伝いを作ることです。

つまり、“家族の一員としてするお手伝い”“お小遣いと連動するお手伝い”です。

③定額制と報酬制を組み合わせたもの

与えようと思った金額の半分くらいは、定額制で与え、残りは報酬制でがんばって稼いでもらうという方法です。

定額制と報酬制のそれぞれのメリットは取り入れられ、デメリットは補えます。

どの方法で与えるかは、ご家庭の方針やお子さんの性格を考えて決めるのが一番だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

小銭

学校では、お金の授業などは行われません。

家庭でお金の大切さを伝え、お小遣いを与えて自己管理させることは重要だと私は思います。

小さいうちからお金と向き合い、お金のことをきちんと考えられるようになれば、必ず将来役に立ちます。

どんどん家庭で人生経験させていってあげましょうね!

コメント