羽生結弦の小児喘息はもう治った?現在も吸入薬は欠かせない?




羽生結弦 オリンピック

フィギュアスケート界の王子様こと、羽生結弦選手ですが、実は、2歳の頃から小児喘息と戦っているとのこと。

 

羽生選手がスケートを始めたきっかけは、実は、「喘息を克服するため」だったようです!

 

喘息を克服するためにスケートを始めた羽生選手、現在は喘息は治ったのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

羽生選手がスケートを始めたきっかけは喘息の克服だった!

2歳から小児喘息と戦っている羽生選手は、少し走ると急に咳き込んだり、夜も眠れないほど咳が続く日もあったそうです。

 

そんな羽生選手がスケートと出会ったのは4歳の頃。

 

スケート教室に通っていた姉の練習についていったのがきっかけだったけれど、目的は喘息を克服することだったとのこと。

 

羽生選手のお母さんは息子の喘息を心配し、なんとか治してやりたいと考えていたそうです。

 

無理なく運動を取り入れて心肺機能を高めて改善させるために、ホコリを吸い込む可能性の少ない屋内でのスケートは、びったりのスポーツと考えたのでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

羽生選手は小児喘息は治った?

羽生選手は、今でも滑る前や滑り終わった後にバックステージなどで吸入薬を使用している様子がたまに見受けられたりするそうです。

 

滑り終わった後に苦しそうにしている姿が放送されたのをテレビで見たこともある人もいるのではないでしょうか。

 

今でも吸入器が手放せず、朝晩の飲み薬も欠かせないようです。

 

羽生選手は、飛行機での移動が多く、気圧の変化で喘息の発作を起こさないよう、ホコリを吸い込まないようにマスクは欠かせないそう。

 

子供の頃に比べたら症状は確実に軽くなっているとは思いますが、現在も、まだ完全に治ったわけではないようですね。

 

持病と戦いながらあの素晴らしい演技ができるとは本当にすごい!!!

感動しますね!!!

 

さて、この小児喘息ですが、大人になれば治ると何となく聞いたことがあるのではないかと思いますが、本当に治るのでしょうか?

今から私の友人の話をもとにお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

小児喘息は治る病気?

喘息 吸入器 薬

 

私の小学校からの友人に2人、小児喘息の子がいました。

 

1人の子のおうちには、よく泊まりに行かせてもらっていましたが、夜中に急につらそうになり、吸入薬を吸い込んでいたのを思い出します。

 

その友人は、現在は、30代後半ですが、20代前半頃までは、吸入器は手放せなかったようですが、今はもう症状がなくなったと言っています。

 

もう1人の友人は、高校生くらいからは症状がなくなり、30代になってまた症状が出始めたとのことです。

 

私が友人をとおして経験したのは、「治る場合もある」ということです。

 

実際のところはどうなんでしょうか。

 

専門家の話によると、軽度の小児喘息の場合は、成長と共に身体が丈夫になり、大人になるまでに自然に治ることが多いようです。

 

しかし、軽度でない場合、成長を待っているだけでは治らないことが多く、ほっておくと成人喘息に移行する場合が多々みられるとのこと。

 

軽度でない場合は、子供のうちにしっかり治療することが大切なんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

羽生結弦 演技

 

羽生選手は、言い訳として「喘息だから」と言ったことが今まで一度もないとのことです。

 

なので、羽生選手が喘息と戦いながらがんばっていることを知っているのは、そう多くないかもしれません。

 

私も知りませんでした。

 

(ファンの方は、当たり前の情報だったかもしれませんが・・・)

 

喘息と戦いながらがんばっていることを知ってからは、今まで以上に、「羽生選手がんばれ!」と思うようになりました。

 

 

羽生選手がんばれ!!!

コメント