スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

日本は全国的に連日猛暑日が続いていますね。

やはり心配なのは、熱中症ではないでしょうか。

心配な熱中症ですが、日中だけでなく、寝ている間でも起こるのをご存知ですか?

 

夜中も暑さがおさまらない、「スーパー熱帯夜」という状態になり、夜間熱中症にかかる方も多いのです。

そんなスーパー熱帯夜」とはなかなか聞きなれない言葉ですが、何度からなのでしょうね?

また、夜間熱中症を防ぐためにも原因や対策などもまとめてみました!

今から詳しくお伝えしていきますね。

 

▼2018年の猛暑についてはコチラ▼

猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!熊谷で国内歴代最高気温更新!

 

スポンサーリンク


スーパー熱帯夜とは?何度から?

「スーパー熱帯夜」について、Wikipediaで調べてみました!

 

すると、スーパー熱帯夜という用語は、公式上は定義されていないけれど、

「最低気温が摂氏30度以上の夜」

を指すとのこと。

 

そんな、スーパー熱帯夜は、

  • 超熱帯夜(ちょうねったいや)
  • 超絶熱帯夜(ちょうぜつねったいや)
  • 灼熱夜(しゃくねつや)

と表現されることもあるようです。

 

スーパー熱帯夜と熱帯夜の違い

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

そんな「スーパー熱帯夜」と「熱帯夜」の違いも気になりますよね。

 

「スーパー熱帯夜」とは、先ほどお伝えしたとおり、「最低気温が摂氏30度以上の夜」を指します。

一方、「熱帯夜」とは、「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が摂氏25度以上」のことをいうようです。

 

スーパー熱帯夜は、公式上定義されていないけれど、熱帯夜は、日本の気象庁の用語として定義されているとのこと。

 

スーパー熱帯夜で危険な夜間熱中症とは?

そんな「最低気温が摂氏30度以上」のスーパー熱帯夜では、夜間熱中症にも注意が必要です。

夜間熱中症とは、その名のとおり、夕方から明け方にかけて発症する熱中症のことをいうようです。

熱中症といえば、炎天下の外で発症すると思いがちですが、日中の室内や日中でなく夜中の室内でも発症するとのこと!

 

昨年(2017年)の都内の熱中症や熱中症の疑いで病院に搬送された人のうち、全体の26%が、この夜間熱中症だったようです。

 

2017年は、スーパー熱帯夜の日がなかったにも関わらず、この割合でした。

なので、2018年は、昨年よりも猛暑日が続いていて、スーパー熱帯夜の日も多くなりそうなので、本当に注意が必要ですね!!!

 

▼2018年の猛暑についてはコチラ▼

猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!熊谷で国内歴代最高気温更新!

 

夜間熱中症の原因とは?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

夜間熱中症を発症するのは、壁や窓などに蓄えられた太陽の熱で夜になっても室温が下がりにくく、睡眠中の発汗で体内の水分とミネラルが多量に失われることが原因とされているようです。

 

特に、断熱効果の低い住宅(壁や天井に断熱材を使用していない住宅)は、日中の外気や直射日光で部屋の天井や壁が温められ、夜になっても部屋に熱がこもった状態が続くため危険とのことです。

 

また、睡眠中は、水分を摂取することが出来ないうえ、スーパー熱帯夜ともなると睡眠時に多くの水分が失われ、脱水症状となり、夜間熱中症を発症する原因となるようです。

 

夜間熱中症は子供や高齢者は特に注意が必要!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

そんな夜間熱中症ですが、子供や高齢者は特に注意が必要とのこと。

 

子供(特に乳幼児)は、体温調節機能が十分に発達していないので、大人よりも夜間熱中症にかかりやすいのです。

 

また、体力衰えている高齢者も、連日の猛暑日やスーパー熱帯夜や熱帯夜で眠れずに疲れがたまり、夜間熱中症を発症しやすくなります。

特に、高齢者は、エアコンを付けない人が多いので、注意が必要です!

 

夜間熱中症の対策とは?水循環マットもおすすめ!

そんな怖い夜間熱中症の対策をいくつかお伝えしますね。

 

対策①:水分補給

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

寝る前と夜中に目を覚ました時、それに朝起きた時に、水分をしっかりと補給することが大切です。

 

対策②:エアコンや扇風機の使用

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

エアコンを使って適度な温度と湿度を保てるよう調整することが大切です。

温度は28℃以下、湿度は50~60%となるよう設定をしましょう!

ただし、室温が低くなりすぎると、皮膚の表面の血管が収縮して体内の熱を発散させにくくなるので、24℃は下回らないように注意してください。

 

また、扇風機を使って空気を循環させることも効果的とのこと。

 

対策③:「すだれ」や「よしず」の使用

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

日中の外気や直射日光が原因で、夜になっても部屋に熱がこもった危険な状態になるため、それを防ぐために「すだれ」「よしず」を使うのも効果的です。

 

昔からある、「すだれ」や「よしず」を上手に使って直射日光を防きましょう!

 

対策④:寝具を見直す

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

睡眠不足により、熱中症を発症することにもつながるので、睡眠不足を解消するには、やはり寝具を見直すことが一番重要になります。

寝具に熱気や湿気がこもると寝苦しさを感じやすくなるのです。

 

そこでおすすめなのが、水循環マットです!

  • エアコンはどうしても使いたくないという高齢者の方
  • エアコンの電気代を気にされている方

などには特に、この水循環マットは本当におすすめです。

 

エアコンと比較すると夏は、電気代が1/4程になりますし、この水循環マットは、夏だけでなく、冬も使用することができるのです。

ちなみに、冬は、エアコン(暖房)と比較すると電気代が1/10程になるとのこと。

 

▼夜間熱中症におすすめ水循環マットの詳細はコチラ▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ! yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

 

まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

いかがでしたか?

 

スーパー熱帯夜という言葉は、初めて聞いた!という方も多いのではないでしょうか。

2018年はそんな危険なスーパー熱帯夜での夜間熱中症に本当に注意が必要です。

 

みなさん、しっかり対策をとっていただき、熱中症を防いでくださいね!!!

 

▼2018年の猛暑についてはコチラ▼

猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!熊谷で国内歴代最高気温更新!

スポンサーリンク


関連コンテンツ