2018年7月の北陸など西日本の大雨(豪雨)の原因はなぜ?いつまで続く?被害は?




2018年7月、西日本は各地で大雨になっていますね。

私は北陸地方に住んでいますが、北陸地方もすごいです。

豪雨によって、色々な大きい川が氾濫しかけていますし、小さい川は溢れ、道路なのか川かわからない状態となっています。

 

なぜこんなに西日本に大雨が降るのでしょう。

そして、この大雨はいつまで降り続くのでしょうか。

また、大きな被害は出ているのでしょうか。

 

今から、この北陸など西日本の大雨についての原因いつまで続くのか、各地の被害状況過去の同じ気圧配置での被害などお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


2018年7月の北陸など西日本の大雨(豪雨)の理由はなぜ?

2018年7月に北陸など西日本が大雨になっている理由は、梅雨前線の活発化とのこと。

 

2018年は、関東での梅雨明けが過去最速でした。

その理由は、通常、梅雨前線というのは、日本付近を覆う北の「オホーツク高気圧」が南の「太平洋高気圧」へと入れ替わる時期に発生し、停滞するのだけれど、2018年は、例年よりも「太平洋高気圧」が強まるのが早かったからだそうです。

 

その後、「太平洋高気圧」の勢いがやや衰え、梅雨前線が活発化し、南からの暖かく湿った空気が、北陸など西日本に継続的に入りこみやすい状態になり、2018年7月に大雨が降る原因となったようです。

 

2018年7月の北陸など西日本の大雨(豪雨)はいつまで続く?

気象庁によりますと、この気圧配置は2018年7月8日(日)ごろまで続くようです。

大雨については、

  • 北陸や甲信越は、7月7日(土)いっぱいまで
  • その他の西日本では、7月8日(日)まで

続く可能性があるとのこと。

 

北陸地方では、福井県を中心に大雨となり、7日(土)の昼までに、500ミリ近い雨が降る可能性があるようです。

また、東海地方や四国では7日(土)昼までに、800ミリ近い雨の降る恐れもあるとのこと。

その他の地域でも、8日(日)頃まで広い範囲で大雨が続き、記録的な大雨になるところもあるとの予想となっています。

 

2018年7月の大雨は「同じような所」で、雨が「長く続く」のがポイントとなっているようなので、大雨が降ってきたらこのあと長く降り続くかもしれないということを頭に置き、十分に注意をしてくださいね!

 

2018年7月の北陸など西日本の大雨(豪雨)による被害

2018年7月の北陸など西日本の大雨で、既に各地で被害が出ています。

7月6日(金)の朝の時点で、

  • 広島県で男性1人が死亡
  • 京都府で女性1人が行方不明
  • 高知県で男性1人が行方不明

となっているとのこと。

 

また、高知県の安芸川が氾濫したそうです。

 

床上浸水や床下浸水の被害もかなりでていて、避難指示や避難勧告も出ています。

 

鉄道にも影響が出ていて、山陽新幹線が広島―博多間で運転を見合わせていたり、関西の在来線は大半の区間で運休しているとのこと。

京都線、神戸線などでも本数を大幅に減らして運行しているそうです。

 

過去に同じ気圧配置で大雨になったときの被害は?

過去に、今回と同様の気圧配置にって大雨になった年もあります。

そのときの被害状況はというと・・・

【1997年7月】

島根県や広島県を中心に200カ所以上で山崩れなどが発生。

鹿児島県出水市では土石流が起き、21人が死亡。

 

【2012年7月】

九州北部で河川の氾濫や土石流が発生し、30人以上が死亡。

 

同じ気圧配置のときに、かなりの被害がでているので、今回の大雨も本当に注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

この大雨、早く治まってほしいですね。

これ以上被害が出ないことを祈るばかりです。

 

私の住む北陸地方では、2018年2月に大雪に見舞われ、今回こんな大雨になり、異常気象に振り回されている感じです。

▼2018年の北陸の豪雪はコチラ▼

北陸の大雪2018年はいつまで?福井では積雪1.4m越えも!記録的豪雪

 

西日本にお住いのみなさん、これからもまだ雨は続くようですし、気を付けてくださいね。

増水した川に近づくことは絶対にやめましょう!

そして、避難指示や勧告が出たら速やかに従うようにしましょう!

 

自分の身は自分でしっかり守ってください。

スポンサーリンク


関連コンテンツ