北陸の大雪2018年はいつまで?福井では積雪1.4m越えも!記録的豪雪




https://youtu.be/5yvaGzfFlFo

2018年の大寒波すごいですね・・・。

私は北陸地方に住んでいますが、2018年2月6日現在、こんなに雪が積もったのは初めて見ました。

 

やはり、ラニーニャ現象の影響ですかね?

(↓ラニーニャ現象についての記事はこちら)

ラニーニャ現象とは?日本では2017冬-2018春まで発生し大雪の可能性も!

 

今から、この北陸地方の大雪について、いつまで続くのか、各地の積雪量など大雪情報交通情報発令されている警報や注意報過去の豪雪の歴史などお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2018年日本の大寒波について

2018年はまた始まったばかりですが、大寒波は日本各地に影響を及ぼしています。

 

日本の大寒波についての記事はこちらにまとめていますので、ご覧ください。

【2月12日情報追記】2018年日本の大寒波はなぜ?いつまで続く?南岸低気圧が来ると関東も大雪に!

 

スポンサーリンク

2018年北陸の大雪はいつまで続く?

北陸 大雪 いつまで

2018年は、1月から何度もドカンドカンとまとめて雪が降っていますが、今回、2018年2月4日(日)の夜から降り続いている雪は、本当にすごいです・・・。

 

私は、生まれて三十数年、ずっと北陸地方に住んでいますが、ここまで積もったのは初めて見たと思います。

 

この雪ですが、まだ降り続いています。

一体、いつまで降り続くのでしょうね。

 

調べてみましたが、まだこの後、2月8日(木)にかけて大雪となる見込みとのこと・・・。

 

2月7日(水) 12時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、

  • 福井県 70センチ
  • 石川県 60センチ
  • 富山県 60センチ

 

その後、2月8日(木) 12時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、

  • 福井県 20~40センチ
  • 石川県 30~50センチ
  • 富山県 30~50センチ

とのことです。

 

てことは、2月8日(木)までに、あと1メートルくらい積もるかもということ?!

 

もう、驚きを隠せません・・・。

一体どうなってしまうのか、怖すぎます!!!

 

2月9日(金)には、気温が上昇し、晴れ間も見えるようになるとのことです。

2月10日(土)は、気温は高いままで雨が降るようです。

※この気温が高く雨が降るという状況は、融雪洪水に注意必要となります。詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

融雪洪水とは?大雪の後の雨には要注意!どんな被害が?保険は適用?

 

そして、また2月11日(日)~13日(火)まで雪が降る予報となっています・・・。

特に12日(月)は再び強い寒気が流れ込むとのことなので、まだまだこの雪は続きそうです。

 

 

※2月11日(日)追記

北陸地方には、2月12日(月)から13日(火)にかけて、6日(火)に襲った寒波と同等の寒波が再びやって来るとのこと。

また100センチも降るなんてありえませんね・・・。

北陸地方にお住まいのみなさん、本当に気を付けてください!!!

 

スポンサーリンク

各地の積雪量など大雪情報

北陸 福井 積雪量

さて、そんな北陸地方、積雪量はどんな感じなのでしょうか。

こちらも調べてみました。

 

2018年2月6日(火) 午前8:00時点の積雪量と大雪情報についてまとめてみました。

 

福井県の積雪量や大雪情報

※2018年2月6日(火) 午前8:00時点

地点 現在の
積雪
(cm)
昨冬までの
観測史上1位
の積雪(cm)
昨冬までの
観測史上1位
の年月日
福井 107 213 1963/01/31
武生 98 116 2011/01/31
大野 129 262 1981/01/15
九頭竜 215 267 1991/02/25
今庄 103 244 2011/01/31
敦賀 22 196 1981/01/15
小浜 28 135 1984/02/09

2月6日(火)は、福井県内の私立高校の入学試験が予定されていましたが、一部の高校では延期としたようです。

小中学校も休校になっているところも多数あるようです。

路線バスもすべて運休になっているとのこと。

 

石川県の積雪量や大雪情報

※2018年2月6日(火) 午前8:00時点

地点 現在の
積雪
(cm)
昨冬までの
観測史上1位
の積雪(cm)
昨冬までの
観測史上1位
の年月日
珠洲 49 159 1985/01/30
輪島 25 110 1945/01/18
七尾 53 74 2011/01/31
金沢 68 181 1963/01/27
白山河内 159 308  1981/01/17
加賀菅谷 135 246  1981/01/17

 

富山県の積雪量や大雪情報

※2018年2月6日(火) 午前8:00時点

地点 現在の
積雪
(cm)
昨冬までの
観測史上1位
の積雪(cm)
昨冬までの
観測史上1位
の年月日
朝日 92 125  1981/01/17
氷見 69 112 2011/01/31
魚津 59 166  1981/01/16
伏木 85 225 1963/01/27
富山 74 208 1940/01/30
砺波 93 192  1981/01/13
猪谷 86 262 1984/02/10

 

特に福井県がかなり雪の影響を受けているようですね。

福井県 緊急!大雪2018年2月6日朝 今までに経験がない! in福井市

 

各地の昨冬までの観測史上1位の積雪も表に載せましたが、北陸3県とも、このまま降り続いたら、観測史上記録をきっと更新しますね・・・。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

北陸の高速道路や国道・JRの情報

高速道路(北陸道)はかなり長い区間で通行止めになっているようです。

 

国道8号線も福井県内で通行止めになっているたり大渋滞になっている区間もあるようです。

なんと、車が1000台立ち往生になっているところもあるとのこと・・・。

 

JRも北陸本線は、2月6日(火)は終日、敦賀から金沢まで全列車運休予定となっているようですし、他の路線でもたくさん運休となっています。

 

それぞれのリアルタイムの情報は、以下の記事にまとめましたので、見てみてくださいね。

【2018年2月福井県の大雪最新情報まとめ】警報・道路・JRのリアルタイム状況

 

北陸自動車道や国道8号線の様子について、インスタやTwitterでアップされている方がいましたので、紹介しますね。

立ち往生になってしまった方もいるようで・・・がんばってください!

 

止まってしまいました…😢 #北陸道 #下り線 #小矢部インター #8㎞手前 #通行止め?

西澤充功さん(@nishiyan3240)がシェアした投稿 –

 

 

 

だめだこりゃ。 #北陸道 #通行止め #降りれない

YOSH®︎さん(@ura2500)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

北陸に発令されている気象警報・注意報

2018年2月6日(火) 14時時点では、福井県嶺北に大雪警報石川県の一部に大雪警報と波浪警報が出ています。

その他、北陸地方全体に色々な注意報が発表されています。

 

こちらも最新情報について、以下の記事にて確認できますので、見てみてくださいね。

【2018年2月福井県の大雪最新情報まとめ】警報・道路・JRのリアルタイム状況

 

スポンサーリンク

北陸の豪雪の歴史

北陸 豪雪 歴史

日本では豪雪の歴史はたくさんありますが、中でも北陸地方が大きく影響を受けたと思われる豪雪を紹介しますね。

 

三八豪雪(さんぱちごうせつ)

1963年(昭和38年)1月から2月にかけて、主に新潟県から京都府北部の日本海側と岐阜県山間部を襲った記録的豪雪。

この豪雪は、特に福井県がひどかったようです。

 

五六豪雪(ごうろくごうせつ)

1980年(昭和55年)12月から1981年(昭和56年)3月にかけて、東北地方から北近畿までを襲った記録的豪雪。

この豪雪も特に福井県がひどく、被害がたくさん出たとのこと。

 

五九豪雪(ごうきゅうごうせつ)

1983年(昭和58年)12月から1984年(昭和59年)3月にかけて、日本列島全体を襲った記録的豪雪。

このときも、今回と同じように、ラニーニャ現象の影響を受けての寒波だったようです。

 

(↓ラニーニャ現象についての記事はこちら)

ラニーニャ現象とは?日本では2017冬-2018春まで発生し大雪の可能性も!

 

平成18年豪雪(へいせい18ねんごうせつ)

2005年(平成17年)12月から2006年(平成18年)2月にかけて日本で発生した豪雪。

〇六豪雪(ぜろろくごうせつ)、一八豪雪(いちはちごうせつ)などとも呼ばれる。

 

平成23年豪雪(へいせい23ねんごうせつ)

2010年(平成22年)末から2011年(平成23年)2月にかけて日本で発生した雪害(豪雪)。

北陸豪雪(ほくりくごうせつ)、山陰豪雪(さんいんごうせつ)などとも呼ばれる。

 

スポンサーリンク

豪雪の定義とは?

豪雪 定義

豪雪とは、一体どういう定義なのか気になりませんか?

私は、気になったので、そちらも調べてみました!

 

Wikipediaには、以下のとおり書かれていました。

豪雪(ごうせつ)とは雪による雪害のうち、程度の著しいものを呼ぶ。

大雪(おおゆき)の類義語でもある。

降雪量や積雪量による定義は存在せず、災害の程度が著しい場合に気象災害名としても用いられる。

 

日本大百科全書には、以下のとおり書かれていました。

比較的短い時間に多量に降る雪。

「大雪(おおゆき)」よりもさらに多量のものをいうことが多い。

多雪地帯では、一夜に1メートル以上の降雪がだいたい豪雪の目安といえる。

雪国の人は、これを「ドカ雪」という。

 

どうやら、はっきりした定義はないけれど、だいたい一晩で1メートル以上降雪があったら豪雪と呼んでいるという感じですね。

 

 

2月11日(日)追記

スポンサーリンク

【要注意】災害時には車上荒らしなど悪い奴が現れる!

信じられませんし悲しいことですが、災害時には悪い奴らが現れるんです・・・。

大地震の後、被災地では家に窃盗が入ったりというニュースも見たことがあるかと思いますが、福井県にも悪い奴らが現れているようです。

 

拡散してくださいとSNSで回っていましたので、こちらでも拡散しますね!

福井県のみなさん、くれぐれもご注意ください!!!

スタッグしている車を助けに行っている間に、空になった車から財布などが盗られるという情報も・・・。

これが真実なら、こんな状況下で本当に信じられない!

最低です!!!

 

スポンサーリンク

まとめ

北陸 豪雪 2018 大雪

いかがでしたか?

 

北陸地方にお住いのみなさん、まだ雪は降り続くようです。

除雪も追いついていない状況で、家から出られない人もいらっしゃるのではないかと思います。

食料は大丈夫ですか?

灯油なども不足していないか心配です。

 

車を運転される方は、くれぐれも気を付けてください。

道路も各地で大渋滞が起こっています。

 

何とかこの大寒波・大雪を乗り切っていきましょうね!!!

 

★大雪も大変ですが、インフルエンザも大流行しています。こちらの記事も参考にどうぞ!

隠れインフルとは熱が出ない!初期症状や予防方法は?2018年は注意を!

コメント