木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけない?紙製・プラ製と比較!




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけない?紙製・プラ製と比較!

プラスチックが海洋汚染の原因になるとのことで、世界的にプラスチック製ストローの使用をやめるするという動きが広がっています。

 

日本においても、マクドナルドやスターバックスなどでプラスチック製ストローを廃止し、紙製ストローが導入されましたね。

しかし、その紙製ストローは「ふやける」など、色々とNGな点が指摘されています。

 

そこで、木造注文住宅メーカーの「アキュラホーム」は、間伐材を利用した木製ストローの量産化に成功し、木製ストローというものもこれからプラスチック製ストローの代用品として市場に登場することになりそうです。

 

そんな木製ストローですが、耐久性や使用感・コストなどは、どのような感じなのでしょうね。

紙製ストローのようにふやけないのでしょうか?

 

紙製ストローやプラスチック製ストローと比較して検証してみました!

 

スポンサーリンク

紙製ストローの耐久性や使用感はイマイチだった?ふやける?!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけない?紙製・プラ製と比較!

紙製ストローとは、その名のとおり、「紙」で作られたストローです。

 

「紙」というと、水に入れるとすぐにふやけてブヨブヨになって破れてしまうというイメージがありますよね。

 

でも、牛乳パックや紙コップも「紙」で作られていますが、水(飲料)を入れても破れることはないですよね。

それなら紙製ストローも大丈夫なのでは!と思いますね。

 

実際のところ紙製ストローはどうなのかというと、最初飲み始めは問題なく飲めるようですが、やはり数分経つと口元や飲みものに浸かっている部分がふやけて、ちょっと飲みにくくなるようです。

 

紙コップをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

紙コップも長時間飲み物を入れておくと、破れるまではいきませんが、ふやけてブヨブヨとなってきますよね。

 

飲み物を飲み始めて数分でそんなふやけた状態になったストローで、中に入っている氷を混ぜようとしても、ふにゃーっとなって混ぜられないので、ちょっと困りますね。

 

紙製ストローの「ふやける」以外のデメリット

紙製ストローの最大のデメリットは「ふやける」ことです。

その他にも、まだデメリットがあるようなので、ご紹介します。

 

紙製ストローを口に入れた瞬間は、やはり「紙」なので、「紙」を口に入れた感覚があり、少し紙っぽい味がして飲み物の風味が変わるという声もあるようです。

 

 

また、紙製ストローは紙をくるくると巻き、接着剤で留めるので、その接着剤は身体に悪くないのか?という声も上がっています。

確かに私もそれちょっと気になりました・・・。

 

 

紙製ストローの使用感や耐久性には、まだまだプラスチック製ストローと比べてデメリットがあるような感じですね。

 

とにかく、紙製ストローは、数分経つと使用感が悪くなるので、飲み物はすぐに飲み干すこと!これに限りますね。

 

しかし、紙製ストローはこれから需要が増えて来ると思うので、このようなデメリットが少しでも解消するよう、メーカーもがんばって改善していってくれるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけないの?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけない?紙製・プラ製と比較!

続いて、最近量産化に成功したという木製ストローの耐久性や使用感についてもお伝えしたいと思います。

 

冒頭でお伝えしたとおり、木製ストローは、木造注文住宅メーカーのアキュラホームが開発し、量産は世界初だそう。

来年1月から「ザ・キャピトルホテル東急」に納入する予定とのことなので、まだ実際の使用感については情報がありません

 

でも、「紙」とは違い「木」なので、耐久性は、紙製ストローよりも上がるのは間違いないですね。

紙製ストローが、ふやける・紙の味がするというデメリット・弱点が指摘されていたため、それを克服されるために木製ストローは開発されたようです。

 

木製ストローは、間伐材を厚さ約0.15ミリにスライスし、管状に巻き上げて作られています。

木製ストローは、紙に比べて温かみがあるのが特徴とのこと。

 

また、メーカーは、

「環境保護に加え、日本のスギやヒノキを使うことで、訪日外国人客らに和風テイストをアピールできるのではないか」

とも話しているとのことで、日本を海外にアピールすることも考えられているようです。

 

これから木製ストローも市場に出回ることになると、使用感についてまた色々な意見が出てくると思います。

また、意見が確認できましたら追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

木製ストロー・紙製ストロー・プラスチック製ストローのコスト比較!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけない?紙製・プラ製と比較!

そんな、

  • 木製ストロー
  • 紙製ストロー
  • プラスチック製ストロー

のコストについても気になりますね。

 

それぞれのコストは、次のとおりです。

種類 コスト(1本あたり)
プラスチック製ストロー 0.5円
紙製ストロー 数円
木製ストロー 数十円

 

なんと、紙製ストローは、プラスチック製ストローの約10倍

木製ストローはというと、プラスチック製ストローの約100倍もコストがかかるようです。

 

紙製ストローは、プラスチック製ストローのに比べ、使用感や耐久性があまり良くないのに、コストは約10倍・・・。

紙製ストローを提供するお店も頭を抱えていることでしょうね。

 

木製ストローは、プラスチック製ストローの100倍もコストがかかるとは、これは使用感も耐久性も良くないと、お店として導入するメリットがないかもしれませんね。

 

今は、コストは100倍だけれど、アキュラホームは、シート状の木材を巻く工程の機械化ができればコストを抑えられるとみているとのことで、今後はもう少しコストダウンにも取り組むようです。

でも、きっと限界はありますよね・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 木製ストローの耐久性や使用感は?ふやけない?紙製・プラ製と比較!

プラスチック製ストローの代用品として、紙製や木製のストローが市場に出るようになってきますが、こうやってまとめてみると、メリットは、「環境にやさしい」のみのような感じがします。

 

環境が一番大事なのは重々承知です。

しかし、今までと変わらず、美味しい飲み物を美味しく飲みたいというのも正直なところです。

これから、環境にもやさしく、飲み物も美味しく飲めて、コストもあまり高くないストローが開発されていくといいですね。

 

木製ストローの使用感についてもどんな感じなのか注目です!!

コストが高いから、飲み物の値段が上がる・・・ということだけは避けてほしいですね。

 

コメント