大根の黒い斑点や筋(皮や中の表面付近の)正体はカビ?青いのは?食べられる?




大根 黒い斑点

秋から冬にかけて旬を迎える大根。

定番のおでんや、煮物、鍋等に入れ味の染みた大根は絶品ですよね。

 

そんな大根ですが、黒い斑点が皮にあったり、中や中の表面付近に黒い筋があることがあります。

これはカビなのかどうなのか気になりますよね。

 

今から、この黒い斑点や筋の正体は一体なんなのか、また食べても害はないのか、など詳しく解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大根の皮の黒い斑点の正体はカビ?食べられる?

真っ白な大根の皮に黒い斑点が出ることがあります。

これには2通り理由がありますので、ご紹介しますね。

 

お店で購入した大根の場合

大根 皮 黒い斑点

大根をお店で購入した際、白い皮の部分にはなにもなかったのに、時間が経つにつれて黒い点が出てきたり、増えてきたら、その正体は「カビ」です。

 

このカビは、保存状態が悪いと出てきてしまいます。

 

大根は、まるまる1本買うと”大きすぎて冷蔵庫に入らない”といった問題が起こりますよね…。

そんな時、常温で保管してしまったという方が多いのではないでしょうか。

それがカビ発生の原因になっていたのです。

 

なぜ、常温がダメなのかというと、大根の最適温度は0~5度です。

なので、保存する場合も冷蔵庫や冷暗所での保管が望ましいですね。

 

食べられる?

上記でお伝えしましたように、これは「カビ」です。

皮は剥いてしまうので問題ないと思いますが、食べ物にカビが生えてしまっているので、食べない方が良いかと思います。

 

家庭菜園の大根の場合

大根 黒い斑点 食べられる

ご家庭で大根を栽培していて、表面に黒い点ができるのは、「センチュウ」による被害の可能性があります。

また、生育環境によっても黒い筋ができる場合もあるようです。

 

※センチュウとは…土の中に生息しており、細長い糸状の見た目で、植物の栄養を奪う害虫です。

 

食べられる?

食べても問題はありません。

しかし、病気に冒されている訳ですので、基本的にあまりおいしくはありません。

風味がおかしかったり、筋っぽかったりしますので、それが気になるのであれば、食べない方が無難です。

 

スポンサーリンク

大根の中や中の表面付近にある黒い斑点や筋・青いのは?カビ?

皮ではなく、中身に黒い斑点筋があったり、青くなっているものもありますよね。

この正体はなんなのか、ご紹介していきます。

 

①「水晶現象」

水晶現象とは、中身が部分的に青みがかかったり透明になったりする、生理現象です。

春から夏にかけて栽培された大根に良く見られます。

 

「水晶現象」の原因

多すぎる水分によるものです。

気温の上がる時期に長雨が続いたり、土中の水分が多くなりすぎたことによって起こります。

 

「水晶現象」の見分け方

外見から見分けるのは難しいようです。

この水晶現象は暖かい時期に栽培された大根に見られるので、梅雨のあとから夏にかけて大根を買うときは、一本丸ごとの大根ではなく、中身が見える、カットされた状態の大根を選ぶのが良いでしょう。

切り口の部分に半透明の部分があったり、青っぽくなっている部分があったりするものは避けてましょう。

 

「水晶現象」の大根は食べられる?

水晶現象を起こしている大根は、食べても問題はありませんが、風味は落ちます。

しかし、煮物などにすればおいしく食べられるようなので、煮込み料理に限定して食べるという方法を取ってみてください。

 

②青あざ症

言葉の通り、大根の中が青くなっていることで、大根の老化、つまり、生理現象です。

カビではありませんが、もし、お店で購入したものが青あざ症だったら交換してもらえるので、購入した店舗に問い合わせてみましょう。

 

「青あざ症」の原因

乾燥や過湿、25度以上の暖かい環境で育ったこと、ホウ素不足になってしまったことなどがあげられます。

主に夏場は青あざ症になりやすいので注意が必要ですね。

 

「青あざ症」の見分け方

【夏】

葉の間から新しい芽が出ているものを避けて、芯の部分が太いものを選ぶと良いです。

また、1本使いきれないなと思う時は、カットされてある大根を買うと中が見えているので安心ですね。

 

【冬】

葉がカットされている大根の場合、切り口に隙間や穴が空いていないかチェックしましょう。

また、カットされている場合は、断面図がきめ細かくて、「す」が入っていないものを選ぶようにしましょう。

※す(鬆)とは、すき間や穴が空いてスポンジ状になってしまう現象のことで、水分が抜けて鮮度が落ちてしまったものです。

 

「青あざ症」の大根は食べられる?

カビではないので、食べても問題はありません。

しかし、硬く苦味を強く感じるようなので、青い部分を取り除き、生ではなく煮物など、火を通して食べると良いですね。

 

スポンサーリンク

 

③ダイコンバーティシリウム黒点病

大根の根を横に切断すると、黒い点や筋が根の中央部では放射状に、皮層下の部分では輪状にみられます。

また、葉柄の維管束が褐色~黒色に変色したり、葉では、まれに下葉が黄化することもあるそうです。

 

「ダイコンバーティシリウム黒点病」の原因

原因は、土壌中の糸状菌(カビ)です。

暖かい場所で生育された大根が特に多く発病するようですが、大根自体がカビてるわけではありません。

 

「ダイコンバーティシリウム黒点病」の見分け方

残念ながら外見からでは見分ける事が出来ず、切ってから気付きます。

また、外側から皮を剥いていると、黒い筋のようなものになって現れます。

 

「ダイコンバーティシリウム黒点病」の大根は食べられる?

大根自体がカビている訳ではないので、食べても問題はありません。

しかし、風味や食感はあまり良くない場合があるので、黒い部分は取り除き、生ではなく煮物など、火を通して食べることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

大根の正しい保存方法

大根の旬は10月~3月と寒い季節です。

なので、暑さにはとても弱い食物なのです。

 

丸一本買って保存に困った方も多いのではないでしょうか。

そこで、保存方法をいくつかご紹介していきます。

 

①冷蔵庫で保管

大根 表面 黒い斑点

大根の最適温度は0~5度です。

なので、冷蔵庫が一番適していますね。

 

葉がついている大根の場合は、葉が根の養分を吸い取ってしまうので、茎部分を残さず切り落としてから保存します。

水分たっぷりの大根は乾燥させないことが大切なので、切り口はラップや湿らせた新聞紙などでくるみ、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

 

また、大根は土の中で立って育ちます。

なので、横にして保存すると、立とうとしてエネルギーを消費し、水分や糖分を無駄に浪費してしまい、早くしなしなになってしまいます。

 

可能でしたら、立てた状態で保存してあげましょう。

もし、立てて保存できない場合は、横にして入れ、早めに食べてしまいましょう。

 

②冷凍保存

長期間の保存は、冷凍保存が最適です。

冷凍保存をするとだいたい1ヶ月くらいは持ちます。

 

冷凍保存の方法をお伝えしていきますね。

 

葉の部分の冷凍保存方法

切り落とした葉の部分は新鮮なうちに冷凍しましょう。

冷凍保存の方法をいくつか紹介します。

 

【細かく刻んで冷凍】

大根の葉を細かく刻んで塩揉みし、緑色の汁が出てきたら流水で洗います。

水気をしっかり絞ってから、ラップで小分けに包み、冷凍用の保存用袋に入れて冷凍します。

 

【調理してから冷凍】

細かく切って大根葉のふりかけなどを作ってから冷凍することもできます。

レシピはこちらがおすすめです!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 大根の黒い斑点や筋(皮や中の表面付近の)正体はカビ?青いのは?食べられる?

Cpicon 葉っぱ付き大根の保存&葉っぱでふりかけ by アサミン

 

根の部分の冷凍保存方法

根の部分も新鮮なうちに冷凍しましょう。

冷凍保存の方法をいくつか紹介しますね。

 

【調理サイズにカットして冷凍】

イチョウ切りや短冊切りなどにした大根を、冷凍用の保存袋に小分けして冷凍します。

そうすることによって、そのままお味噌汁などに入れることができるので便利ですよ。

 

【大根おろしにして冷凍】

大根 保存 冷凍 大根おろし

大根おろしにして1回で使用する量ごとに、ラップで包んで冷凍保存するか、製氷皿などを使うと小分けで保存できるので便利ですね。

ジップロックなどの保存袋に平らにして入れて冷凍してもいいと思います。

 

③乾物にして保存

大根 保存 乾燥

乾燥させると長期保存が可能になります。

 

大根の皮は剥かず、千切りもしくは短冊切りにして、ざるや干し物用のカゴ等にのせ、4~5日ほど屋外で干します。

湿気がなく、晴れた日に風通しがよく日当りのいい場所で干すと良いです。

夜は湿度が上がるので、夜は屋内に入れておきましょう。

 

ただし、梅雨時や冬場など湿気が多い日などはあまり乾燥には適していないようです。

※干す時は虫や鳥が付かない用に網等でカバーしておくと安心です。

 

④土の中に入れておく

大根は元々土の中で育った野菜ですので、土に入れておくと長期間保存が可能です。

 

土の中での保存のやり方

①大根の葉を切り取り、葉に栄養分を取られないようにします。

②50㎝ほどの深さまで土を掘り、大根を立てまたは斜めに並べて置きます。この時、大根同士が重ならないように隙間を開けて並べていきます。

③上から土をかけ、大根の葉があればそれをかけます。大根葉は保温効果が得られ、目印にもなります。もしなければわかりやすいよう、何か目印を置いておくと良いですね。

 

⑤冷暗所に保存

冷蔵庫に入らない場合は、常温で置いておくとカビ発生の原因になったり、水分が飛んでしなしなになったりしてしまいます。

 

なので、冷蔵庫で保存する方法と同じような手順で、丸のまま大根を新聞紙、またはチラシで包み、風通しの良い冷暗所に立てて保存しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

大根 黒い斑点 見分け方

いかがでしたか?

 

一年中市場に出回っている大根ですが、1本使いきるのって大変ですよね。

黒い斑点や青あざ等見分けるのも難しいので、カットされた状態の大根を購入すると安心です。

 

今回は大根について解説していきましたが、食物を正しい方法で選び保管し、安心・安全に生活していきましょう!

コメント