けん玉のコツ!持ち方や子供・初心者向けの方法!もしかめの動画あり!




けん玉 コツ

けん玉と聞くと、昔ながらの遊びのひとつと想像する人は多いと思います。

 

昭和の時代を思い出させるような懐かしいけん玉ではありますが、最近では「ストリートケンダマ」と言った呼び方がされており、クールなパフォーマンススポーツとしても、注目が集まっています。

 

難しそうにも見えるけん玉ではありますが、子供や初心者の方でもけん玉が上手くなる方法はあります!

 

今からお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

けん玉は誰でもできるようになるのか?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - けん玉のコツ!持ち方や子供・初心者向けの方法!もしかめの動画あり!

けん玉は、コツをつかみ、練習を続けていくことによって、誰でもできるようになるのです!

 

けん玉が出来るようになるには、いきなり難しいものから始めるのではなく、最初は基礎からしっかりかためるようにすると良いです。

 

今からそのコツをお教えします!

気を付けておくと良いことやポイントをまとめてみましたので、是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

けん玉のコツ!「持ち方」

けん玉には、いろいろな持ち方があり、持ち方にもコツがあります。

 

技によってその持ち方は異なりますが、特に良く見られるのが「皿クリップ」という持ち方です。

鉛筆を持つように、親指と人差し指でけん玉を持ちます。

次に中指と薬指、小指をさらに添えます。

 

「皿グリップ」で実際に持った画像はコチラ↓↓

けん玉 コツ 持ち方

 

他に良く見られる持ち方の中には「とめけんグリップ」という持ち方もあり、親指と人差し指、中指でけん玉を持ちます。

次に薬指と小指を中指の下に添えます。

 

「とめけんグリップ」実際に持った画像はコチラ↓↓

けん玉 コツ 持ち方

 

技によって、これらの持ち方を使い分けます。

 

スポンサーリンク

けん玉のコツ!子供や初心者向けの方法

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - けん玉のコツ!持ち方や子供・初心者向けの方法!もしかめの動画あり!

けん玉には、本格的な検定というものがあるのをご存知ですか?

10級から1級に上がっていく検定です。

 

けん玉検定では、検定用の認定けん玉というものを使って行います。

初心者のうちから、その認定けん玉を使って練習することが、最も上達に近づくと言われています。

 

▼おすすめの認定けん玉はコチラ▼

 

持ち方は、先に述べたとおり、技によって使い分けます。

 

構え方もポイントがあります。

  • 肩の力を抜き、リラックスし、余計な力は抜く。
  • 足は肩幅に開き、けん玉を持っている手の方の足を半歩程前に出す。
  • けん玉を持つ手はへその前あたりで構える。
  • 手だけで技を行わず、ひざを使うことを意識する。
  • けん玉をよく見る。

 

こうやって、正しい持ち方や構えをすることで、簡単な技は誰でもできるようになっていきます。

 

少しコツをつかみ始めたら、「もしかめ」という技をやってみられることをおすすめします。

 

「もしかめ」とは一体なに?って感じですよね。

今から解説していきます!

 

スポンサーリンク

けん玉の技「もしかめ」のやり方(画像あり)

「もしかめ」とは、けん玉の技のひとつです。

 

これは、昔は童謡の「うさぎとかめ」に合わせてやっていた技なので「もしかめ」という名前がついたそうです。

 

「皿クリップ」の持ち方をして、一定のリズムで「大皿→中皿→大皿・・・」と繰り返して行う技です。

 

「もしかめ」を上手に行うには、少ない衝撃で柔らかく受け止めます。

 

ひざを曲げながら玉を引き上げ、けん玉自体も下げて衝撃を減らします。

 

 

「もしかめ」のやり方の動画を貼っておきますので、是非、動画を見ながら練習してみてください。

 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - けん玉のコツ!持ち方や子供・初心者向けの方法!もしかめの動画あり!

 

動画を見ながらやってみるのも、けん玉が上手くなる近道だと言われています。

 

スポンサーリンク

まとめ

けん玉 コツ 初心者

いかがでしたか?

 

けん玉は、コツをつかみ、練習を重ねていくことによって、誰にでも上手にできるようになります。

 

動画などもいろいろとYouTubeにアップされていますが、小さな子供でも、ほいほいとけん玉を行っているので、年齢問わず極めることが出来る遊びだと言ってもいいでしょう。

 

 

また、けん玉はひざを使うので、運動不足の人にも、運動不足解消へのきっかけになります。

 

持ち方や構え方コツと、ひざ使いがマスターできれば、ほとんどの方がけん玉を上達することが出来ると言われています。

 

コツをつかんで上達させ、まわりの人たちを驚かせてみてくださいね♪

コメント