宅急便のコンビニ受取り方法や出し方とは?ヤマトとゆうパックの料金比較!




コンビニ 荷物 発送 受け取り

コンビニで宅急便の受取りや発送ができるのはご存知ですか?

 

今から、ヤマト運輸の宅急便日本郵便のゆうパックでのコンビニでの受け取り方法や出し方についてご紹介します!

 

家に日中誰もいなくて宅急便の受取りができない場合、コンビニで預かってもらえるのはとても助かりますよね。

また、宅急便を発送する際に、集配センターや郵便局に行かなくて済むのはとても便利ですよね!

 

発送の際、ヤマトとゆうパック、どちらを選べばいいのかも迷うと思うので、料金などでも比較してみました。

それぞれにメリットやデメリットがあるようです。

 

是非、参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

宅急便 コンビニ受け取り方法

コンビニ 荷物 受け取り

コンビニでの受け取り方には2種類の方法があり、1つ目は、商品がコンビニに到着した後に送られてくるメールに記載されている番号と認証番号の2つの認証キーを使う方法です。

端末のLoppiに登録するとできます。

 

2つ目は、商品がコンビニに到着した後に送られてくるメールに記載されているバーコード表示用URLを使う方法で、コンビニのレジへ直接行ってバーコードが表示されたスマートフォンを見せる方法です。

 

また、ヤマト運輸とゆうパックでは少し受け取れる荷物、コンビニに違いがありますので、それぞれ簡単にお伝えしますね。

 

詳しくは、それぞれの公式ホームページにてご確認いただくか、コンビニに直接お問い合わせしてみてください。

 

ヤマト運輸の宅急便の受け取り

ヤマト運輸の荷物は、コンビニでも受け取ることが出来ます。

 

ヤマト運輸からの荷物の受け取りは、ファミリーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキなどの多くのコンビニで利用することが出来ますが、ローソンなど利用できないコンビニもあるようなので、事前に調べておきましょう。

(※取り扱っていない店舗もあるようです。)

 

受け取り出来る荷物は、100サイズ以内かつ重量が10kg以内のものに限ります。

あまり大きな荷物だと、保管する場所に困ってしまうためだと言われています。

 

詳しくは、公式HPにてご確認を⇒ヤマト運輸公式HP

 

ゆうパックの宅急便の受け取り

ゆうパックは郵便局やコンビニから送られてきた日本郵便のゆうパックをコンビニで受け取りたいという方は多いと思いますが、通販サイト(本サービスに事前申込みしている通販業者のみ)から購入した商品以外では受け取ることが出来ません。

 

ゆうパックの受け取りは、ローソン、ファミリーマートミニストップのみでの利用となるようです。

(※取り扱っていない店舗もあるようです。)

 

詳しくは、公式HPにてご確認を⇒日本郵便公式HP

 

スポンサーリンク

宅急便 コンビニからの出し方

コンビニ 荷物 発送

ヤマトもゆうパックもコンビニでの宅急便の発送方法は、同じです。

 

しっかり梱包した状態でコンビニに持ち込み、コンビニに置いてある送り状を記入して、発送します。

 

ただし、すべてのコンビニで利用することができるとは限らないので、事前に確認してみてくださいね。

 

ちなみに、ヤマト運輸は、ファミリーマート、セブンイレブン、デイリーヤマザキなどの多くのコンビニから発送することが出来ますが、ローソンなど利用できないコンビニもあるようです。

 

ゆうパックは、ローソン、ミニストップ、セイコーマートのコンビニのみで発送可能のようです。

 

(※それぞれ、取り扱っていない店舗もあるようです。)

 

 

また、ヤマト運輸のクール宅急便・代金引換の荷物など、一部では取り扱うことのできないサービスもあるので注意する必要があります。

 

ゆうパックについても、チルドゆうパック・代金引換の荷物など、一部のコンビニでは取り扱うことのできないサービスがあるので、こちらも注意してくださいね。

 

詳しくは、それぞれの公式HPにてご確認ください。
>>ヤマト運輸公式HP
>>日本郵便公式HP

 

 

スポンサーリンク

宅急便 ヤマトとゆうパックの料金比較

コンビニ 荷物 料金

発送料金については、ヤマト運輸とゆうパックとでは、違うのでしょうか?

 

違う場合、どのような差があるのでしょうか。

 

それぞれ調べてみました!

 

ヤマト運輸の送付料金

ヤマト運輸の料金は以下のとおりです。

 

荷物の発着場所によって料金は異なるので、今回は「東京から大阪へ」「100サイズまで」で調べました。

サイズ 料金
60㎝(~2㎏) 915円
80㎝(~5㎏) 1,131円
100㎝(~10㎏) 1,369円

※サイズとは、包装資材を含めた荷物の縦・横・高さの合計

 

ヤマト運輸での発送は、160サイズ以内かつ重量が25kg以内のものに限ります。

 

ゆうパックの送付料金

ゆうパックの料金は以下のとおりです。

 

ゆうパックも荷物の発着場所によって料金は異なるので、こちらも「東京から大阪へ」「100サイズまで」で調べました。

サイズ 料金
60㎝(~2㎏) 720円
80㎝(~5㎏) 950円
100㎝(~10㎏) 1,160円

※サイズとは、包装資材を含めた荷物の縦・横・高さの合計

 

ゆうパックでの発送は、170サイズ以内かつ重量が30kg以内のものに限ります。

 

ゆうパックは、30万円までの補償がついており、追跡サービスの利用が可能です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ(比較した結果)

コンビニ

送付の金額だけ見ると、ゆうパックの方が安いようですね。

 

ただ、ヤマト運輸の方が多くのコンビニで利用ができますが、ゆうパックは利用できるコンビニがかなり限られています。

 

 

ヤマト運輸にもゆうパックにも、メリットやデメリットがあるので、それぞれにあった方法で、どちらにするかを選ぶようにしてみてくださいね。

 

コメント