新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

平成の天皇陛下が生前退位をされることになり、新元号・新年号に平成31年度の5月から変わることになりました。

そこで、我々庶民としては、素朴な疑問が湧きます。

なぜ、平成31年度の5月に新天皇の即位を行い、新元号・新年号をスタートさせることにしたのか?・・・気になりますよね。

 

また、新年号・新元号に変わることを受け、出産ラッシュになるのでしょうか?

新年号・新元号の最初の年(元年)に出産したい!という方や、逆に、平成の最後の年に出産したい!という方も増える可能性もありますよね。

 

その点について詳しくリサーチしましたので、今からお伝えします!

最後までお付き合いくださいね。

 

スポンサーリンク


新元号・新年号が平成31年度の5月からの理由

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

新元号・新年号がスタートする日が平成31年度(2019年)の5月になったのは、なぜなのでしょうか?

その理由は、平成27年12月8日に菅官房長官が記者会見を行い、生前退位の日程と、なぜこの日にしたのかの経緯について、次のとおり公式発表をされております。

 

  • 天皇陛下が、ご在位30年の節目に当たる平成31年度(2019年度)が適当である。

 

  • 平成31年度の4月前半は全国的に人の移動も激しく各種行事も行われること、統一地方選挙もある見込みであることなどの状況を踏まえて、退位の日を平成31年4月30日に設定した。

 

  • 4月29日は、昭和天皇の誕生日であり、改めて我が国の営みを振り返り、4月30日の生前退位が適当であると判断。

 

こういった理由で、平成の天皇陛下の生前退位の日程が決まり、その翌日である平成31年度5月1日が新天皇の即位=新元号・新年号をスタートする日となった訳です。

 

確かに、平成31年度の5月1日だったら、昭和天皇の誕生日や、憲法記念日などが隣接しており、我が国の歴史や営みについて振り返るには適当な時期ですね。

 

新元号・新年号にかわる日程は誰が決めた?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

こうした新元号・新年号を決めたのは、いったいどなた達なのでしょうか。

 

生前退位の日程などの公式発表があった、平成27年12月8日前後のニュースを調べてみたところ、わかりました!

いろいろ難しい言葉も含んでおりますので、わかりやすく解説付きでお話をさせていただきます。

 

まず、平成27年12月1日に、三権の長と、皇族の関係者の方たちで構成される皇室会議で、天皇陛下の生前退位の日程を固めたと新聞に書いてありました。

 

ここで、「三権の長」について、解説させていただきます。

★三権の長とは?

三権とは、いわゆる三権分立の三権のことです。

そこから、イメージが湧いてくると思います。

中学や高校の社会で勉強しましたよね。

三権の長とは、立法、行政、司法の三権を司る長のことを表しております。

  • 立法の長・・・参議院議長、衆議院議長
  • 行政の長・・・内閣総理大臣
  • 司法の長・・・最高裁判所の長官

 

新聞やニュースを見ていると、いろいろ勉強になりますね。

中学や高校で習った社会の勉強って、一般教養として役立つものなんですね。

う~ん、実感しました。

 

で、続きです。

皇室会議の後は誰が動いたのでしょうか?

平成27年12月8日に、政府が、平成31年度4月30日を生前退位の日とする政令を決定したようです。

その後、菅官房長官が公式発表をされたという訳です。

 

スポンサーリンク

 

新元号・新年号にかわる日程は他の候補はあったの?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

平成の天皇の生前退位の日程、新元号・新年号に変わる日程は、平成31年5月1日以外にも候補日はあったのでしょうか?

 

調べてみると、ここでも菅官房長官が登場してきます。

平成27年11月22日の記者会見で、菅官房長官が、生前退位の日程を、

  • 平成31年3月31日
  • 平成31年4月30日

の2候補から絞り込む方針と話されておりました。

 

ですから、2候補あったという訳ですね。

 

新元号・新年号での出産ラッシュか?同じ産むなら新年号ベイビー希望?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

そして、新年号・新元号に変わることを受け、出産ラッシュになりそうな気もしますよね。

「新年号・新元号の最初の年(元年)に出産したい!」

という方や、逆に、

「平成の最後の年に出産したい!」

という方も増える気がしませんか?

 

実際のところはどうなのかというと・・・?

 

平成最期のベイビーがいい?それとも新年号での出産がいい?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

新元号・新年号に変わることを受けて、

「赤ちゃんを出産するなら新元号・新年号のベイビーがいい。」

という意見がやはり多いようです。

 

なぜ、そんな考え方が出てきたのかというのは、なんとなく想像できますね。

 

昭和生まれの人って、平成生まれの人から

「古い!」

「おばさん!」

って、小バカにされていると思いませんか?

(私も昭和生まれなので、小バカにされていると思っています…💦)

 

ということは、平成生まれの人も恐らく先々では、新元号・新年号のベイビーから、小バカにされることと思われます。

なので、そんなことを感じているママたちは、赤ちゃんを産むなら、新元号・新年号に出産をしたい!と考えているのではないでしょうか。

 

でも逆に、平成31年度のベイビーは貴重だから、そっちを狙おうなんてママもいるようですよ。

よく考えてみたら平成31年度は4月からなので、平成31年度生まれのベイビーは4月生まれの1ヶ月だけになりますね!

確かに貴重!!!

 

どちらにせよ、新元号・新年号になる前となった年は、出産ラッシュになりそうな予感ですね♪

 

新元号・新年号の出産で合計特殊出生率と人口が増加する?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

新元号・新年号出産で、出産ラッシュになりそうな感じですが、それによって少子化は少しは解消され、合計特殊出生率と人口は増加するのでしょうか?

その辺は、どうでしょうかね。

 

昭和から平成に変わったときの内閣府の過去の記録を見てみました。

昭和64年と平成元年の出産率は、昭和41年(丙午)の過去最低の出生率よりもさらに下回り1.57となっております。

 

人口に関しては、ここ3年の統計を調べてみますと、

  • 2016年・・・126.96
  • 2017年・・・126.75
  • 2018年・・・126.49    

(単位 100万人)

~IMF-World Economic Outlook Databasesより参照~

 

となっており、なかなか合計特殊出生率が上がったり、人口が増加するような予測は立てづらいですね。

 

でも、昭和から平成に変わったのは突然のことだったので、平成の最初の年(元年)に出産したい!と思ってもそう上手くいくものではありませんよね。

なので、昭和64年と平成元年に出生率が上がらなかったのも納得です。

 

しかし、今回は、平成が終わり、新元号・新年号に変わるということは随分前に発表になっていますから、新元号・新年号に合わせて出産を計画されている方がたくさんいるかもしれません。

となると、少子化が少しでも解消されることを期待してしまいますね!

 

まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 新元号・新年号が平成31年度の5月からなのはなぜ?出産ラッシュに?

いかがでしたか?

 

今回の記事を読まれて、なぜ、生前退位の日が平成31年度の4月30日で、新天皇即位の日が5月1日なのか納得してくださいましたでしょうか?

また、新元号・新年号に変わるにあたって出産ラッシュになりそうな予想についてもご理解いただけましたか?

考え方は様々ですが、新しい命の誕生は平成生まれでも、新元号・新年号生まれでも祝いたいものです。授かりものですからね。

 

そして、少しでも少子化に歯止めがかかることを願います。

(私ももう一人がんばろうかな~笑)←もうアラフォーですが・・・

スポンサーリンク


関連コンテンツ