【山形の花見2018】見頃や開花・満開の時期予想!混雑を避けるには?




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【山形の花見2018】見頃や開花・満開の時期予想!混雑を避けるには?

卒園式や卒業式、または終業式など終えられ、新年度を迎える準備も進んでいる頃と思います。

そんな時期に気になってくるのが「桜の開花」ですよね。

 

今回は、山形の桜の見頃や開花・満開の時期予想混雑状況についてご紹介していきます。

是非、お花見の際の参考にくださいね♪

 

スポンサーリンク


山形のお花見 2018年の開花時期と満開時期予想

桜の開花予想気になりますよね。

そんな時はやっぱりネットを見てしまいます。

しかし、桜の開花予想は色々なお天気情報サイトで紹介されていますが、それぞれ日にちもバラバラなんですよね。

そこで今回、私が調べた開花予想と満開予想をまとめてみました!

 

ウェザーニューズでの予想

《開花予想日》4月8日

《満開予想日》4月13日

 

東北の桜は、例年並かやや早い開花となる見込みだそうです。

寒の戻りの影響で桜の生長が足踏みすると予想していましたが、「全国つぼみ調査」の結果から、寒さに負けず、昨年よりやや早いペースで生長していることがわかったとのこと。

今後は晴れて暖かい日が続くので、生長がさらに進み、4月5日頃から仙台市や福島市付近で開花が始まっていき、東北南部では4月上旬に開花前線が北上していくそうです。

4月中旬からは気温が平年よりやや高い予想で、日差しと暖かさが桜の生長を後押ししてくれるようです。

南部では、4月中旬にお花見を楽しめそうとの予想でした。

 

(2018年3月27日発表)

 

ZEKKEI Japanでの予想

《開花予想日》4月10日

《満開予想日》4月14日

 

桜の生長率は69%で、つぼみが膨らんできたと発表されていました。

(2018年3月22日発表)

 

ウェザーマップでの予想

《開花予想日》4月10日

《満開予想日》4月15日

 

2017年~2018年の冬は、寒気が日本付近に流れ込みやすく、寒い日が続いたため、休眠打破は順調に進んでいて、花芽は成長しやすい状態と考えられるそうです。

一方、暖かさで花芽の成長が進む1月下旬以降、2月にかけて非常に厳しい寒さとなったため、花芽の成長は2月末時点ではやや遅れ気味だったとか。

しかし、3月に入ってかなり暖かい日が多くなったため、2月の遅れを一気に取り戻す形で、平年より早い開花となっているんだそうです。

(2018年3月26日発表)

 

日本気象協会 tenki.jpでの予想

《開花予想日》

山形市   4月9日

酒田市 4月8日

 

《満開予想日》

山形市  4月13日

酒田市 4月13日

 

桜前線は3月15日に高知からスタートし、17日には東京でも開花発表されましたね。

19日までに九州から関東にかけて続々と開花のたよりが届いていましたが、九州から関東では、平年に比べ4日から1週間ほど早く開花したところが多く、特に東京と鹿児島では平年より9日も早く開花したそうです。

2017年~2018年の冬(12月~2月)は全国的に厳しい寒さとなり、休眠打破が順調に進み、さらに、3月に入ってから気温が平年を上回る日が多かったため、つぼみの生長が早まり、例年よりも早く開花したところが多くなっていったそうです。

今後も4月半ばにかけて西・東日本では気温が平年より高いと予想され、桜前線は順調に北上する見込みとのこと。

開花が早かった高知では、開花から4日後の3月19日に満開となりましたが、これは、1953年の統計開始以来、全国でも最も早い記録となったんだとか。

(2018年3月28日発表)

 

各予想をまとめた見解

西から徐々に開花が発表されていますので、どこのサイトをみても、開花予想日のばらつきは見られませんでした。

まとめると、

開花予想日・・・4月8日~10日

満開予想日・・・4月13日~15日

となります。

平年並みかやや早い予想でした!

 

スポンサーリンク

 

山形のお花見 2018年の見頃時期予想

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【山形の花見2018】見頃や開花・満開の時期予想!混雑を避けるには?

上記でもお伝えしていきましたが、山形の桜開花予想は早い所で4月8日~10日、満開予想は4月13日~15日でしたので、見頃の時期は、以下のとおりではないかと考えられます。

見頃の時期・・・4月10日前後~桜が散り始める4月20日前後

 

散り始めると桜吹雪となって、見物ですよね。

桜が開花し満開を迎える時期には新学期もスタートしている頃だと思います。

満開の桜の下で家族写真やクラス写真など撮ることができますね。

 

山形のお花見 2018年 混雑を避けるにはいつがおすすめ?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【山形の花見2018】見頃や開花・満開の時期予想!混雑を避けるには?

せっかくのお花見、行くなら混雑していない時に行きたいですよね。

有名スポットはやはり混雑を覚悟しなくてはなりません。

そこで、少しでも混雑を回避できる方法をいくつかご紹介していきます。

 

①平日昼間に行く

平日は学校や会社がお休みではないので、混雑が少しは回避できるかと考えられます。

しかし、学校が春休みに入っていると学生の花見客が多いかもしれませんね。

また、平日夜だと夜桜を狙って来る方や、仕事帰りの方も多くいらっしゃると思いますので、やはり昼間が望ましいですね。

平日に行けない方は、土日祝日の早朝が狙い目かと思います。

時間帯でみると、10時~15時が一番混雑する傾向にありますので、その時間を避けると良いのではないでしょうか。

 

もし、夜桜を楽しみたいと言う方は、点灯して少し時間が経つ頃、20時~21時の間が混雑を回避できる時間かと思います。

消灯前を狙って行ってみてください。

 

②見頃を避ける

見頃を迎えると、やはり花見客も増えていきますよね。

なので、見頃を迎える前または満開の桜が散り始めてからお花見に出掛けると少しは混雑を回避できると考えられます。

開花から満開になるまで1週間~10日程になります。

それまでに見頃を迎えるので、開花が発表されたら、すぐにお花見に出掛けると良いかもしれません。

また、少し散り始めた辺りもピーク時よりは混雑しない傾向にありますので、狙い目かと思います。

 

③電車やバス等、公共交通機関を利用する

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【山形の花見2018】見頃や開花・満開の時期予想!混雑を避けるには?

道路が混んでいたり、駐車場の台数も限られてくるので、中々入れなかったりと苦労するのではないでしょうか。

できる限り電車やバスを利用してお花見に行かれることをオススメします。

 

④穴場スポットを見つける

お花見に行かれる場所によっては、穴場スポットなんかもあったりしますよね。

少し遠くからお花見を楽しんだり、人混みの少ない場所から眺めたり・・・。

事前に下見をしてみて、良い穴場スポットを見つけてみてください。

 

まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 【山形の花見2018】見頃や開花・満開の時期予想!混雑を避けるには?

いかがでしたか?

 

桜前線は徐々に北上し始めましたね。

山形の開花は4月初旬との予想でしたので、お花見を計画している方は穴場スポットを見つけてみるのも楽しみの一つですね。

 

お花見をする際には食べ過ぎ飲み過ぎにはくれぐれも気を付けてくださいね~♪

スポンサーリンク


関連コンテンツ