猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

2018年8月4日




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

2018年7月は、西日本豪雨により、各地で大規模な被害が出ました。

そんな、日本各地で、今度は猛暑が続いています

 

なぜこんなに猛暑が続くのか・・・猛暑の原因な何なのでしょう?

そして、この猛暑はいつまで続くのでしょうか?

最近の日本は異常気象が続いていますね・・・。

 

今から、このあたりのことを詳しくお伝えしていきます!

 

▼スーパー熱帯夜による危険な夜間熱中症についてはコチラ▼

スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

 

▼異常気象:西日本豪雨についてはコチラ▼

2018年7月の北陸など西日本の大雨(豪雨)の原因はなぜ?いつまで続く?被害は?

 

▼異常気象:北陸の大雪についてはコチラ▼

北陸の大雪2018年はいつまで?福井では積雪1.4m越えも!記録的豪雪

 

▼睡眠中の熱中症対策のおすすめは水循環マット‼▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

 

スポンサーリンク


猛暑日って何度から?

まずは、猛暑日について。

「猛暑」「猛暑」とは、いいますが、一体、何度から「猛暑日」となるのでしょう?

 

wikipediaで調べてみたところ、次のように書かれていました。

猛暑(もうしょ)とは平常の気温と比べて著しく暑いときのことである。

主に夏の天候について用いられる。

日本国内においては2007年以降、1日の最高気温が35℃以上の日のことを「猛暑日」と言う

 

35℃以上の日を猛暑日というようですね!

日本では、各地で連日35℃以上を軽く超えているので、猛暑日が続いていることになりますね。

 

2018年の日本の猛暑はいつまで続く?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

そんな2018年の日本の猛暑ですが、一体いつまで続くのでしょうね。

 

2018年7月のこの暑さはなかなか衰えない見込みとのこと。

暑さのピークは今(2018年7月18日前後)とみられますが、この先もまだしばらく厳しい暑さが続くようです。

気象庁からは、7月17日に、九州北部から東北にかけて広く異常天候早期警戒情報がだされました。

この先、7月末にかけても気温が平年よりかなり高くなる可能性があるようで、まだまだこの暑さは継続する予想とのこと。

 

【※追記:2018年7月21日】

7月20日に、気象庁が、

「この暑さは8月上旬にかけて続く見込み」

と発表しました。

また、1ヶ月予報(7月21日~8月20日)も発表し、

「関東甲信から九州北部にかけ、平均気温が平年より高い確率が7割。九州南部と東北も6割。」

という予想のようです。

 

そろそろ暑さも落ち着くのかな~と思っていましたが、8月上旬まで続くとは、まだまだ猛暑日は続くようですね・・・。

つらい。。。。。

【※追記:2018年7月30日】

先日の台風12号の通過に伴って、猛烈な暑さは一段落したところが多かったのですが、また猛暑日がやってくるようです。

 

今週中頃(8月に入るころ)から、また夏の高気圧が復活し、西日本では再び35℃以上の猛暑日となるところも多くなってくる予想とのこと。

 

また、8月4日以降の1週間程度は、九州から東海にかけての広いエリアで平年を1.5℃前後上回る日が続く見込みで、気象庁が高温に関する異常天候早期警戒情報を発表しました。

 

そして、更なる猛暑のピークが8月下旬以降にもあるとのこと。

 

つまり、まとめると、

  • 8月1日~8月10日頃
  • 8月下旬

が猛暑日となるので、8月もまだまだ猛暑が続くようですね。

 

猛暑日になるとはいわれていない、お盆からお盆明け頃は、猛暑が落ち着いてくれているといいのですが。。。

【※追記:2018年8月4日】

7/30の時点では、お盆からお盆明けくらいは猛暑になるとは言われていなかったのですが、お盆も暑くなるようです。

気象庁が、8月7日〜16日の期間についても、九州北部と中国・四国から関東にかけて、暑さに対する「異常天候早期警戒情報」を発表しました。

 

また、平年より気温が高くなる確率について、

  • 8月4日~10日 確率80%
  • 8月11日〜31日 確率50〜60%

と予想されていて、少なくとも8月いっぱいは、広い範囲で暑さが続くようです。

 

8月いっぱいは、まだまだ猛暑日になるところが多くなるようなので、みなさん十分に注意してくださいね。

特に、お盆休みにレジャーに出かけられる方、熱中症には気を付けてください!

 

 

暑さで体調を崩さないよう、十分な注意や体調管理が必要ですね!

 

▼睡眠中の熱中症対策のおすすめは水循環マット‼▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

 

▼熱中症対策におすすめの携帯扇風機はコチラ▼

 

▼熱中症対策におすすめの冷感タオルはコチラ▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

 

2018年の日本の猛暑の原因はなぜ?太平洋高気圧とチベット高気圧の影響!

この日本の危険な暑さの原因はなんでしょうか。

それは、高気圧の2段階構造が原因だそうです。

 

暑さをもたらす太平洋高気圧が日本を覆っているのですが、その上空にその太平洋高気圧に蓋をするようにチベット高気圧が覆っているとのこと・・・。

 

日本列島が2枚の毛布で覆われているような状態らしいです。

これは暑いはずですね。

 

太平洋高気圧とチベット高気圧との関連については、wikipadiaに次のとおり書かれていました。

 

太平洋高気圧とチベット高気圧との関連

日本列島付近は太平洋高気圧の勢力範囲としてはむしろ周辺部に当り、この高気圧のために定常的に高温乾燥気候が持続する事は少ないが、夏期にチベット高原の上空の圏界面近くに発達するチベット高気圧が、時に西日本付近にまで伸びてくることがあり、その場合は太平洋高気圧の更に上層部に高気圧が重なる形になるので、高気圧の背が更に高くなり、しかも安定する。

そのため西日本を中心に高温で雨の降らない状態が長続きし、深刻な干ばつ・渇水をもたらす事がある。

 

過去に同じ気圧配置になったときの状況は?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

過去に猛暑を記録した2013年にも、この「太平洋高気圧」と「チベット高気圧」が出現しました。

そのときは、現在の国内史上最高気温記録である41.0℃を高知県江川崎で観測されました。

↑↑国内史上最高気温は、2018年7月23日に埼玉県熊谷市で更新!41.1℃!!【2018年7月23日追記】

 

その2013年は、熱中症での死者が1077人だったようです。

すごい数ですね。

 

更に、2010年はもっと熱中症での死者が多く、1731人だったようです。

その、2010年の夏(6~8月)の平均気温は、平年に比べ、北日本(北海道・東北)で2.2度、東日本で1.5度上回り、1946年以降で最も高かったとのこと。

 

今年、2018年もそれらの年に匹敵するか上回るくらいの暑さになりそうなので、熱中症には本当に注意が必要です。

自分は大丈夫!と過信せず、しっかり対策をとるようにしてくださいね!

 

▼睡眠中の熱中症対策のおすすめは水循環マット‼▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

 

▼熱中症対策におすすめの携帯扇風機はコチラ▼

 

▼熱中症対策におすすめの冷感タオルはコチラ▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

 

2018年以外で過去に40℃超えを観測した地点と日程

また、その他、過去に40℃超えが観測された地点と日程もお伝えします。

(最高気温の高い方から並べています。)

【41.0℃】
 高知県江川崎  2013年8月12日

【40.9℃】
 埼玉県熊谷   2007年8月16日
 岐阜県多治見  2007年8月16日

【40.8℃】
 岐阜県多治見  2007年8月17日
 山形県山形   1933年7月25日

【40.7℃】
 山梨県甲府   2013年8月10日
 高知県江川崎  2013年8月10日

【40.6℃】
 山梨県甲府   2013年8月11日
 和歌山県かつらぎ1994年8月8日
 静岡県天竜   1994年8月4日

【40.5℃】
 山梨県勝沼   2013年8月10日

【40.4℃】
 高知県江川崎  2013年8月11日
 埼玉県越谷   2007年8月16日
 山梨県甲府   2004年7月21日

【40.3℃】
 群馬県館林   2007年8月16日
 群馬県上里見  1998年7月4日
 愛知県愛西   1994年8月5日

【40.2℃】
 群馬県館林   2007年8月15日
 千葉県牛久   2004年7月20日
 静岡県佐久間  2001年7月24日
 埼玉県越谷   1997年7月5日
 愛媛県宇和島  1927年7月22日

【40.1℃】
 群馬県館林   2013年8月10日
 山形県酒田   1978年8月3日

【40.0℃】
 高知県江川崎  2013年8月13日
 岐阜県美濃   2007年8月16日
 群馬県前橋   2001年7月24日

 

こうやって見ると、ずいぶん昔でも40℃超えをした年もあったんですね。

しかし、40℃超えは、恐ろしすぎます。。。

 

スポンサーリンク

 

2018年7月18日 岐阜県多治見市で40℃超え!日本では5年ぶり!

そんな恐ろしい40℃超えですが、ついに日本でも観測されました。

岐阜県多治見で2018年7月18日(水)の13時34分に40℃に達したのこと!

また、同じく、岐阜県美濃でも40℃を超えました。

日本国内で40℃を記録するのは、2013年8月13日の高知県江川崎で40.0℃を観測して以来、5年ぶりのこと。

岐阜県内では、2007年8月17日の多治見で40.9℃を観測して以来とのことです。

岐阜県多治見で40℃を記録するのはこれで3回目。

岐阜県美濃で40℃を記録するのは2007年以来、2回目になるようです。

 

2018年7月23日も各地で猛暑!埼玉県熊谷市で41.1℃!日本歴代最高を更新!東京都青梅では都内初の40℃を観測!

『2013年に、現在の国内史上最高気温記録である41.0℃を高知県江川崎で観測』と先ほどお伝えしましたが、なんと、猛暑日が続いている2018年、ついにその記録を更新しました。

 

2018年7月23日(月)、埼玉県熊谷市で、14時16分に41.1℃を観測!

2013年以来、日本歴代最高気温を5年ぶりに更新しました。

 

また、同じく2018年7月23日(月)、東京都青梅でも40.3℃を観測!

東京都内では観測史上初めての40℃超えとなったとのこと。

 

連日猛暑日が続く、2018年の夏は、「観測史上初」が早くもこんなに・・・

まだ夏は始まったばかりなので、これからも「観測史上初」がたくさん観測されるかもしれないですね。。。

 

2018年の猛暑・異常気象は世界的に!山火事が発生しているところも!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

そんな日本での猛暑・異常気象ですが、世界的にも発生しているようです。

 

アメリカでは、カリフォルニア州など西部全州で大規模な山火事が発生したいるとのこと。

暑さと乾燥による自然発火らしいのです。

そして、強風にあおられて火の手が広がり、大規模な山火事になっているそうです。

 

日本では自然発火で山火事というのはあまり聞いたことがありませんが、この先もっと気温が上昇すると、その可能性も出てきますね。

自然発火の山火事は、防ぎようのないことだと思うので、怖いですね・・・。

 

猛暑日はエアコンをつけたりこまめな水分補給で熱中症対策を!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

この日本の猛暑はまだしばらく続くようですし、夜もあまり気温が下がらず熱帯夜となるようです。

寝るときもエアコンを付けたり、日中も室内にいてもこまめな水分補給を行って、自分で自分の身は守りましょう!

 

そして、エアコンはこまめな掃除が必要です。

掃除をしないとあまり涼しくならなかったり、電気代も高くなったりもするようです。

何より、空気が悪くなり、身体にも悪いです。

 

しっかり、掃除をしてくださいね!

 

▼エアコンの掃除についてはコチラ▼

エアコンが臭い!原因は室外機やカビ?暖房だと特にすっぱい臭いが?対策はこれ!

 

▼スーパー熱帯夜による危険な夜間熱中症についてはコチラ▼

スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

 

まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

いかがでしたか?

 

この猛暑、一体いつまで続くのでしょうね。。。

早く落ち着いてほしいです。

 

私の子供の通う小学校では、教室にクーラーがついていないんです!

この気温でクーラーなしはあり得ないですよね。

確実に熱中症にかかると思います。

クーラーのある特別室(パソコン室など)もあるようなので、対策として、そこで授業をするときもあるようですが、部屋が限られているので、1日ずっとはいられないようです。

 

これは、命の危険がありますよね。

何とかしてもらいたいものです。。。

 

まだまだ猛暑日は続くようなので、みなさんも熱中症対策、しっかり行ってくださいね!

 

▼スーパー熱帯夜による危険な夜間熱中症についてはコチラ▼

スーパー熱帯夜とは何度から?危険な夜間熱中症の原因と対策まとめ!

 

▼睡眠中の熱中症対策のおすすめは水循環マット‼▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

 

▼熱中症対策におすすめの携帯用扇風機はコチラ▼

 

▼熱中症対策におすすめの冷感タオルはコチラ▼

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】 yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 猛暑2018年はいつまで続く?原因はなぜ?異常気象の日本!【※8/4更新】

スポンサーリンク


関連コンテンツ