添加物の少ない食べ物の選び方~危険から目を背けないで!~




添加物の危険を知ると、
 
  • 食べるものがない・・・と落胆する
  • 危険なものなら売るはずがないと開き直る
 
など、危険から目を背けようとする人が多いと思います。
 
私も初めて添加物の怖さを知ったときは、そう思いました。
 
でも頭の片隅に危険なんだな~とは思っていたようで、そこから徐々に色々調べ始め、今では危険な添加物がだいたいわかるようにまでなりました。
 
添加物を避けていたら、食べるものがない・・・? →そんなことはありません!
危険なものなら売るはずがない・・・? →いやいや、売ってますよ!
 
添加物で溢れるこのご時世、完全に避けることは不可能ですが、できるだけ避けることは誰にでもできます。
 
その方法をみなさんにもお伝えしたいと思います。
 
スポンサーリンク

有機JASマークは最強

有機JASマーク
 
   有機JASマークとは・・・
 
有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。
 
有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
 
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。
 
(農林水産省の公式HPからの抜粋)
 
上記のとおり、「有機JASマーク」が付いている食材を選べば、確実に安全です。
 
最近では、スーパーでも扱っているので、探してみてください。
 
少し割高にはなりますが、健康のことを考えるとそのくらいの差額はどうってことないはずです。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

「無添加」の表示には注意が必要

 
スーパーには「無添加」と表示されたものが並んでるのをよく見かけます。
 
「無添加」と表示さえしてあれば、安全と思う方は多いと思います。
 
しかし、この「無添加」には注意が必要です。
 
パッケージに「無添加」と書いてあっても、「100%無添加」と書いていない限り、どこかに添加物を使用している可能性があります。
 
例えば原料を加工して製品や形にする場合、その加工段階で添加物を使用しなければ「無添加商品」としてもいい事になっています。
 
また「化学調味料無添加」と表示されているものも見かけると思います。
 
こちらは、もちろん無添加ではありません。
 
   化学調味料とは・・・
 
コンブ,かつお節などのうま味成分の代表的なものを抽出または化学的に合成した調味料。
 
コンブのグルタミン酸ナトリウム,かつお節のイノシン酸ナトリウム,シイタケのグアニル酸ナトリウム,貝類のコハク酸ナトリウムなどがあり,これらを混合した複合化学調味料もつくられている。
 
(百科事典マイペディアより)
 
上記の決まった化学調味料を使用していないだけであって、その他の添加物は使用し放題ですよ~。
スポンサーリンク

私が避けている添加物をお教えします!

添加物を全部避けようと思うとなかなか難しいですし、ストレスも溜まると思うんです。
 
私は、色々調べて、これだけは避けよう!と思っているものを決めています。
 
みなさんも参考にしていただけるといいかと思います。
 
そして、どういう影響があるかについては、是非ご自分で調べてみてくださいね。
 

人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース など)

カロリーオフの飲み物やお菓子類、ノンアルコール飲料などに使われています。
 

タール色素(赤色2号、赤色102号、黄色4号、黄色5号 など)

お菓子類、紅ショウガ、かまぼこ、医薬品などに使われています。
 

亜硝酸ナトリウム

ウインナーやハムや明太子などに使われています。
 

防カビ剤(OPP、TBZなど)

海外から船で輸送されてくる果物(グレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナなど)に使われています。
 

安息香酸ナトリウム

清涼飲料水、栄養ドリンク、にせものの醤油などに使われています。
 
 
スポンサーリンク

まとめ

愛してる
 
私には小学生と保育園児の子供がいます。
 
添加物について真剣に考えるようになったのは、この子たちが生まれてからです。
 
それまでは、添加物?そんなのみんな食べてるから大丈夫でしょ~?というタイプの人間で、
ジャンクフードもがんがん食べていました。
 
しかし、子供たちに安心なものを食べさせてあげたいとフト思ったときから、色々調べて今に至ります。
 
みなさんも子供たちに安心なものを食べさせてあげてください。
 
そして、子供たちのために自分も健康でいなければならないのです。
 
食べ物一つで未来は確実に変わってきます!
 
このブログがみなさんの意識を変えるきっかけになることを私は願います。

コメント