花粉症が朝方ひどいのはモーニングアタック!治し方や改善方法とは?




花粉症やアレルギー性鼻炎の方は、朝方ひどい場合が多かったりり、朝起きたとき、なぜかやたら辛い・・・と感じませんか?

それを「モーニングアタック」と言うそうです。

 

今から、その「モーニングアタック」の原因や治し方・改善方法など詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

花粉症が朝方ひどいモーニングアタックとは?

花粉症が朝方ひどくなる「モーニングアタック」について、「デジタル大辞泉」には以下のとおりかかれていました。

俗に、朝、目が覚めてすぐに花粉症などアレルギー性鼻炎の症状があらわれること。

原因として、就寝中に寝具の上に積もったちりや花粉を吸い込んでしまうことや、起床直後は自律神経の調整が不十分なため、刺激に対し過敏になっていることなどが考えられている。

 

では、なぜ朝に症状がひどく出るのか、詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

花粉症が朝方ひどいモーニングアタックには自律神経が関係?原因は?

原因はいくつかあるようです。

  • 自律神経のバランスの乱れ
  • 室内や布団のアレルゲン
  • アレルギー細胞の体内時計

これらが主な原因のようです。

 

原因①自律神経のバランスの乱れ

自律神経にはは、交感神経(活動しているときに働く)と、副交感神経(睡眠中などリラックスしているときに働く)とがあり、目覚めてから徐々に副交感神経から交感神経へと切り替わります。

交感神経は、血管を収縮させ、くしゃみや鼻水を抑えてくれるのですが、目覚めてすぐは、まだ副交感神経が優位な状態にあります。

目覚めてすぐ体を動かし始めることにより、副交感神経が優位な状態にある中で、交感神経も一気に働き、一時的に両者のバランスが崩れるのです。

そのために、くしゃみや鼻水、鼻づまりがひどくなるという、モーニングアタックが起こりやすくなるのです。

 

原因②室内やふとんのアレルゲン

布団や部屋の中にあるハウスダストや花粉などのアレルゲンも原因の一つです。

ハウスダストや花粉などのアレルゲンを睡眠中に体内に取り込んでいたり、布団に積もったそれらが起床時に巻き上げられて吸い込むことにより、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が起こりやすくなるのです。

 

原因②アレルギー細胞の体内時計

アレルギー細胞は夜から朝にかけて活性化するという特徴があるようです。

体内時計とは、みなさんもご存知だと思いますが、一定に時間になったらお腹が空いたり、眠くなったりと、私たち自身が1日の時間に応じてそれぞれの活動を調整するものですよね。

その体内時計は、私たちの体の1つ1つの細胞にもあるとのこと。

自身の細胞活動も1日の時間に応じて調節しているのです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

花粉症が朝方ひどいモーニングアタックの治し方や改善方法

そんなつらい「モーニングアタック」ですが、治し方や改善方法など対策もあるのです!

紹介しますので、是非試してみてください。

 

対策①マスクを着けて寝る

マスクを着けて寝ることにより、鼻炎の原因となるアレルゲンなどの物質を吸い込むのを防いでくれます。

 

対策②空気清浄機や加湿器を使う

空気清浄機や加湿器を使うことにより、アレルゲンなどの物質が室内に舞うのを防いでくれますす。

 

対策③布団の中で体を動かしてから起きる

朝、目が覚めてもすぐに起き上がらずに、布団の中で足首を回したり、手を動かしたりなど、2-3分でいいのでやってから起き上がること。

体を動かすことで交感神経優位になってモーニングアタックが軽減されます。

 

対策④起きたらすぐに太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、自律神経の乱れも調えてくれます。

 

対策⑤部屋をしっかり掃除する

アレルギー物質の除去をするために、部屋の床や壁もしっかり掃除するようにしましょう。

 

掃除のポイントとしては、こちらの記事に詳しく書いていますので、読んでみてください。

「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

 

対策⑥布団カバーやカーテンを洗濯する

布団カバーや枕カバー、カーテンなどにもアレルギー物質は付着していています。

こまめに洗濯をして、それらを取り除きましょう。

 

対策⑦フルーツ「じゃばら」が効果あり

「じゃばら」というフルーツはみなさんご存知ですか?

このフルーツには、アレルギーを抑制する成分「ナリルチン」が多く含まれているため、モーニングアタックや花粉症などアレルギーにも効果があるようです。

 

「じゃばら」とは、和歌山・北山村が原産のフルーツです。

縁起物の食材らしく、「邪気をはらう」ということからこの名前がつけられたとか。

ユズやだいだい、カボスなどが仲間の柑橘類で、果汁が豊富だそうです。

また、ユズやスダチとは違った風味があり、糖度と酸度のバランスの取れたまろやかな風味が特徴とのこと。

 

たくさん食べるのは難しいと思うのですが、果汁やサプリメントとしても販売されているので、是非試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

「自分は花粉症が朝方ひどい!モーニングアタックをすごく感じる!」

と言う方は、是非お伝えした対策を取ってみてくださいね。

 

少しでも症状が軽くなることを祈ります。

コメント