「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

今年は、例年に比べて、インフルエンザが大流行していますよね。

 

もう立春も過ぎ、暖かくなってきていて、本来ならそろそろインフルエンザの流行も終息してくるはずなのに、そんな気配もなく・・・。

そうしているうちに花粉の季節もいよいよ到来してきました。

 

そのせいで今年は、インフル花粉症というものに注意が必要とのこと!

インフル花粉症って一体なんでしょうね?

 

今から詳しく説明していきますね。

 

スポンサーリンク

インフル花粉症とは?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

冒頭でもお伝えしたとおり、2018年は、インフルエンザが大流行しています。

本来暖かくなると流行が終息するはずのインフルエンザが終息しないまま、花粉症の季節を迎えることによって懸念されるのが「インフル花粉症」とのこと。

 

もう3月になるというのに、インフルエンザは、未だ例年のピークに近いレベルが続いています。

そして、花粉についても、2018年は昨年の1.5倍の量が飛散すると予想されています。

 

そんなインフルエンザと花粉症が同時または連続して発症するのが「インフル花粉症」とのこと。

 

スポンサーリンク

なぜインフル花粉症に注意が必要?初期症状は?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

インフル花粉症とはどういったものかというのはご理解いただけたかと思います。

 

なぜこのインフル花粉症には、注意が必要なのでしょうか?

またかかるとどんな初期症状が出るのでしょうね?

今から説明していきます。

 

今年は、熱が出ない「隠れインフルエンザ」にかかっている人が多いというのを聞いたことありますでしょうか?

(隠れインフルについてはこちらの記事をご覧ください↓↓)

隠れインフルとは熱が出ない!初期症状や予防方法は?2018年は注意を!

 

そのため、隠れインフルにかかっていながら、花粉症になっているという人が多くなる可能性が高いようなのです。

 

花粉も今年は飛散量が昨年の1.5倍なので、花粉症の方は、症状も酷くなる可能性があります。

そのため、花粉症によって咳やくしゃみが激しく出るかもしれません。

そんな状態で同時にインフルエンザにかかっていたら・・・?

 

激しい咳やくしゃみと共にインフルエンザウイルスを巻き散らすことになりますね。

恐ろしい・・・。

 

更に、B型インフルエンザと花粉症の初期症状は似ているようなのです。

主な症状としては、どちらも「くしゃみ、鼻水、咳、微熱」

花粉症だと思っていたらインフルに感染していたということも大いにありえるようなのです。

 

そして、インフルエンザにかかると免疫力が下がるので、花粉症の症状が長引く場合もあります。

 

インフルと花粉症を同時に感染するのは、周りへ感染拡大させることも怖いですし、自分も花粉症が酷くなったり長引たりするので、怖いですね。

 

スポンサーリンク

感染拡大を防ぐには正しいお掃除

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

そんな怖い、インフル花粉症ですが、感染拡大を防ぐには掃除が重要とのことです。

 

しかも、正しいお掃除が大事です。

掃除とはいっても、間違ったお掃除をしてしまうとかえって感染拡大させることになってしまうので、注意が必要のようです。

 

掃除のポイントなどについてお伝えしていきますね。

 

①掃除によってインフルエンザウイルスを取り除く

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

インフルエンザウイルスというのは、くしゃみをすると2m先まで飛ぶというのをご存知でしょうか?

そして、そのウイルスは、床に落ちたりホコリにくっついてから最大1日感染力があるそうなのです。

 

もし掃除をしないと、そのホコリが空中に舞い上がり、鼻や口から入ってきてインフルエンザに感染してしまいます。

ホコリがウイルスの運び屋になってしまうんですね。

 

そんなウイルスのついたホコリは、すぐにでも取り除かなければです!!!

しっかり取り除く正しい掃除の仕方とは・・・

 

②掃除機は部屋の中央からかけ始める

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

部屋の隅っこから掃除機をかけ始めるのはNGです。

掃除機をかけると気流が発生し、風と共に両脇にホコリをまき散らすのです。

 

なので、どんどん隅っこにホコリは溜まっていくので、掃除機はまずは部屋の中央からかけ始め、最後に隅っこのホコリを取り除くというようにやってみてください。

 

③掃除機をかけるスピードはゆっくりにする

先ほど、掃除機をかけると気流が発生するとお伝えしましたが、掃除機を早くかけると、その気流が更に強くなってしまいます。

そのせいで、ホコリが高く舞い上がることにもつながります。

 

掃除機は、ゆっくりゆっくりかけるようにしましょう。

1mあたり5-6秒くらいを目安にすると良いです。

 

④寝室が自宅の中で最も感染のリスクが高い

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

家の中で、1日の中で一番長い時間いるのは寝室だと思います。

そんな寝室にウイルスのついたホコリがあると感染のリスクはとても高まります。

 

寝室の掃除のポイントとしては、掃除するの時間のタイミングが大事ということです。

寝る前に掃除をするとホコリが舞い上がってしまい、そのホコリを寝ている間に全部吸ってしまうことになります。

 

なので、寝室の掃除は、起きてすぐに行うようにしましょう。

起きてすぐにドタバタせず、床にあるホコリをしっかり取り除くやり方で掃除をしてみてください。

 

⑤トイレにもウイルスが溜まりやすい

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

トイレは狭い密室なので、ウイルスが溜まりやすいんです。

 

トイレを掃除するポイントとしては、まずは、上から下へ。

次に、外から中の順におこなうといいようです。

 

「壁→床→タンク→フタ→便座→便器内」

の順におこなうようにしましょう。

 

また、掃除ではありませんが、トイレをした場合、終わって流すときは、必ず便器の蓋をしてから流すようにしましょう。

開けたまま流すと尿や便に含まれがウイルスを巻き散らすことになってしまいます。

 

⑥プロにおうちクリーニングを依頼する

これを機に、プロに家中のお掃除を依頼してもいいかもしれませんね。

無料で見積りをもらえたりもするので、一度試してみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 「インフル花粉症」とは?初期症状は?2018年は要注意!感染予防・対策には掃除?

いかがでしたか?

 

花粉症をお持ちの方にはイヤな季節がやってきましたね。

花粉症だけでもイヤなのにそこでインフルエンザにまで感染してしまったら最悪ですよね。

 

自分や家族がちょっとでも怪しいな~と思ったら、医療機関を受診してみてくださいね。

花粉症だと思ってたらインフルエンザだったということも今年は特にあり得るのです。

 

感染を拡大させないためにも、自分のためにも、是非気を付けてください。

 

そして、外出の際はマスクの着用が必須ですね。

 

おすすめのマスクはこちら↓↓

 

?me id=1294391&item id=10003224&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Frecovery%2Fcabinet%2Fitem%2Fitem02%2Fimgrc0077650691.jpg%3F ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Frecovery%2Fcabinet%2Fitem%2Fitem02%2Fimgrc0077650691 - 隠れインフルとは熱が出ない!初期症状や予防方法は?2018年は注意を!

24袋セット【Leaffresh 口元ゆったり 不織布マスク ふつうサイズ 7枚入×24袋セット】マスク 使いきり 使い捨て ハウスダスト 花粉 ウイルス 風邪 冬 インフルエンザ ふゆ 健康 菌 咳 せき 煙 黄砂 ホコリ お得 PM2.5

 

コメント