副鼻腔炎(蓄膿症)の治療期間は?方法は抗生物質など薬?妊婦はどうする?




副鼻腔炎 蓄膿症 治療期間

副鼻腔炎は、頭痛や顔面痛・鼻づまりなどがひどく、つらい病気です。

慢性的な副鼻腔炎になると、完治するまでに3か月くらいかかることもあります。

  • 薬で良くなるのか?
  • 薬をあまり飲みたくない人や妊婦さんはどうやって治せばいいの?
  • 治療期間はどのくらい?

など、治療について気になる点について、詳しく調べてみました。

今から紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因や症状など詳細

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因や症状など詳細については、こちらの記事にまとめています↓↓

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因は疲れ・ストレス・花粉症・菌・虫歯・タバコ?治療は?

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は咳・痰・熱・頭痛・歯痛?痛みの治し方伝授します!

 

スポンサーリンク

副鼻腔炎(蓄膿症)の治療方法

慢性副鼻腔炎は、薬や手術治療で治すことができます。

副鼻腔炎になったと思ったら、まず耳鼻科に行きましょう。

 

薬に頼りたくない妊婦さんなどにはおすすめの自然療法もあります。

 

今から治療方法について、詳しく説明していきますね。

 

治療方法①抗生物質などの薬

副鼻腔炎 蓄膿症 治療 抗生物質

副鼻腔炎は細菌感染が主な原因なので、まずは、殺菌力の強い抗生物質の少量長期投与が必要となります。

抗生剤の種類としては、ペニシリン系・セフェム系・ニューキノロン系・マクロライド系抗生物質を使います。

 

急性副鼻腔炎の場合、重症でなければ、約7割の症例で、抗生物質を2~3か月投与で完治することが期待できるでしょう。

普通の抗生物質に比べて、殺菌力の強いこれらの抗生物質は、粘膜の繊毛機能などを改善し自浄作用を高める効果があり、細菌を殺す作用も備えているのです。

 

これに加えて、耳鼻科で鼻洗浄の治療を行います。

 

慢性副鼻腔炎の場合には抗生剤よりも、消炎酵素剤を使います。

 

治療方法②手術的治療

副鼻腔炎 蓄膿症 治療 手術

殺菌力の強い抗生物質の投与で効果が見られなかったり、有効性がないと考えられるときには、
手術的治療を行います。

薬が効きにくい難治性の副鼻腔炎も手術を優先します。

 

手術の最大のメリットは同時にアレルギーの処理も行うので、アレルギーから始まるくしゃみや鼻水、鼻づまりもほとんど解消します。

閉鎖した自然口を洗浄し、自浄作用を回復させることもできます。

 

治療方法③ナタマメ茶(自然療法)

副鼻腔炎 蓄膿症 治療 自然療法 妊婦 ナタマメ茶

「ナタマメ茶」というのは、聞いたことありますか?

この「ナタマメ茶」ですが、飲むと、副鼻腔炎治療に効果があるそうなのです!

手術が必要なひどい蓄膿症の人が、ナタマメ茶を飲んで回復したという記事が出ていました。

他にも、ひどい副鼻腔炎で2度の手術を受けて、嗅覚が戻らなくなってしまった人が、飲み続けて3か月で嗅覚が戻ったとの声あるようなんです。

3回目の手術を受ける前だったそうで、本当に良かったですよね。

 

子供の頃から副鼻腔炎に悩んでいる人は、ナタマメ茶を飲みだしてから、冷蔵庫にないと不安だと言う人もいるくらい。

 

ナタマメ茶を調べてみると、副鼻腔炎以外にも歯痛に効いたり、花粉症や口臭にも効果があることがわかりました。

このナタマメ茶は、とても良い効果があるようで、

  • 副鼻腔炎などの鼻やのどに関する違和感のある人
  • アレルギー体質の人
  • 腎臓疾患
  • 血圧調整したい人
  • 美容効果が欲しい人

が飲むと良いと言われています。

 

薬との併用も大丈夫なので、薬を飲みながらナタマメ茶も試して薬を減らしていくのも手ですね。

種類も色々あり、お値段も色々ですが、あんまり安いと、中国産100%というものがあるので、よく見て買ってくださいね。

 

中でもおすすめなのは、子供も一番飲みやすいと人気の「爽風茶」です。

(↓以下リンクに口コミなども記載されています)

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 副鼻腔炎(蓄膿症)の治療期間は?方法は抗生物質など薬?妊婦はどうする?

 

苦味・渋みが感じられず、香ばしい風味でとても飲みやすいと人気です。

 

しかも、鹿児島県の薩摩地方育ちの「薩摩なたまめ」を使用していて、ミネラルが豊富で、国産素材のみをブレンドした安心なお茶です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

副鼻腔炎(蓄膿症)の治療期間は

副鼻腔炎 蓄膿症 治療期間

そんな副鼻腔炎(蓄膿症)の気になる治療期間ですが、急性副鼻腔炎の場合は、2~3週間で治る場合がほとんどです。

しかし、慢性副鼻腔炎は程度にもよりますが、3か月以上の治療が必要なようです。

手術が必要な場合はもっと時間がかかると思われます。

 

スポンサーリンク

妊婦は副鼻腔炎(蓄膿症)になったらどうする?

副鼻腔炎 蓄膿症 治療 妊婦 自然療法

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんのためにも、なるべく薬を飲みたくないですよね。

先ほど紹介した「ナタマメ茶」は妊婦さんにも安心なお茶なので飲むことで改善が期待されるのでおすすめです。

ナタマメ茶は、

  • ノンカフェインである
  • ナタマメ茶は漢方薬として利用されている
  • ナタマメ茶は熱処理しているので毒性がない

カフェイン摂取は妊婦さんも気を付けると思うのでこれは嬉しいですよね。

 

それでも、副鼻腔炎の症状がひどく、耐えられない場合は耳鼻科に行き、妊婦であることを説明し、薬を飲みたくないのであればそれも伝えるようにしましょう。

鼻腔にチューブを入れて鼻水を吸ってもらったり、鼻の中に生理食塩水を通して鼻の中を洗浄してもらうなど、薬を使用しない治療法もあると思います。

薬は飲まなくても、これをするだけでも少しはすっきりするのではないでしょうか。

 

どうしても痛みが耐えられない場合も、先生と相談してみてください。

妊婦でも飲める薬を処方してもらえると思います。

痛みに耐えていると日常生活に支障がきたすので、無理のしすぎはよくありません。

しっかり相談してくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

副鼻腔炎 治療期間 抗生剤

いかがでしたか?

 

副鼻腔炎は、なった人にしかわからない頭痛や顔面痛・鼻づまりなど本当にしんどいですよね。

まずは、気になる症状があれば、早めに耳鼻科を受診されるのが一番かと思います。

 

おすすめのナタマメ茶もは試してみる価値はあると思います。

妊婦さんにも安心ですし、普段から飲むお茶をナタマメ茶に変えるというのもいいかもしれませんね。

コメント