五大栄養素とは?どんな食品に含まれる?それぞれの働きや役割教えます!




五大栄養素とは

私たちが生きていく上で、なくてはならない栄養素が、五大栄養素

 

みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

では、この五大栄養素とは一体どんなものなのでしょうか。

 

どんな食品に含まれ、私たちの身体にどのような働きをしてくれているのか、今からお伝えしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

五大栄養素とは?

私たちが普段当たり前のようにしている食事ですが、食事からエネルギーを供給するのと同時に、身体の調子を整え、元気に生活していくのに必要不可欠なのがこの栄養素です。

 

栄養素にはみなさんも聞いたことはあるかと思いますが、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル(無機質)

 

があり、この5つの栄養素のことを五大栄養素と言います。

 

 

スポンサーリンク

五大栄養素が含まれる食品

この五大栄養素、どういったものを食べれば摂取できるのでしょうか。

 

それぞれどのような食品に含まれているのか、今からお伝えしますね。

 

  • 肉(赤身の肉)→たんぱく質、脂質、ミネラル
  • 魚(赤身の魚、小魚)→たんぱく質、脂質、ミネラル
  • 卵→たんぱく質、脂質
  • 乳製品→たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル
  • 大豆製品→たんぱく質、ビタミン、ミネラル
  • 緑黄色野菜→ビタミン
  • 果物→ビタミン
  • 穀物→炭水化物
  • いも類→炭水化物
  • レバー→ビタミン、ミネラル

 

これらの食品をバランス良く食べることで、五大栄養素もきちんと摂取することができます。

 

 

スポンサーリンク

五大栄養素それぞれの働きや役割

上記でもお伝えしていましたが、この五大栄養素は、私たちが生きていく上で必要な栄養素です。

 

それぞれの栄養素の働きや役割についてもお伝えしていきますね。

 

たんぱく質

五大栄養素 タンパク質

私たちのからだは、筋肉や骨、皮膚や髪の毛や爪、脳、内臓、血液などから作られていますが、これら全ての部分の材料となっているのが、このたんぱく質です。

 

つまり、たんぱく質の役割は、からだをつくることなのです。

 

しかし、たんぱく質を多く摂取すると太りすぎの原因になるので注意が必要です。

 

逆に不足してしまうと、元気が出なかったり、ボーっとしてしまいます。

 

また成長期に不足してしまうと、からだや脳が十分に発達しない場合もありますので、適量を摂取するようにしましょう。

 

脂質

五大栄養素 脂質

私たちのからだの中で燃えて、からだを動かしエネルギーとなっているのが、この脂質です。

 

脂質は少量でもたくさんのエネルギーに変わってくれ、体温を保つ働きもあります。

 

しかし、脂質は身体の中に蓄えることもできる栄養素なので、取りすぎると、太りすぎの原因になってしまうので注意が必要です。

 

逆に不足してしまうと、からだを動かすエネルギーがなくなったり、体温を保つことができなくなってしまいますので、適量を摂取するようにしましょう。

 

炭水化物

五大栄養素 炭水化物

炭水化物とは、身体と脳を働かせる栄養素です。

 

脳にとっては唯一の栄養素となります。

 

私たちは1日に必要なエネルギー量の約60%を炭水化物から取り入れています。

 

しかし、取りすぎると身体の中で脂質に変化し蓄えられてしまいます。

太りすぎの原因になるので注意が必要です。

 

逆に不足してしまうと、脳にとっては唯一のエネルギー源なので、脳に栄養が行かず、集中力低下の原因に繋がります。

 

脳は栄養を蓄えることができず、常に補給が必要なので、適量を摂取していきましょう。

 

ビタミン

五大栄養素 ビタミン

ビタミンは、エネルギーをつくったり、身体を守ったり、他の栄養素の働きを手助けする役割があります。

 

また、ビタミンは身体の中で作ることが出来ますが、それだけでは足りないので食品から摂取が必要です。

 

ビタミンには13種類あり、それぞれで働きは違いますが、代表的な物を4つ解説しますね。

 

ビタミンA

ビタミンAは、視力や視覚を正常に保つ、皮膚や粘膜を健康に保つ、など成長を助ける働きがあります。

 

風邪の予防やアレルギーにも効果があります。

 

不足すると、風邪を引きやすくなったり、肌がカサカサしたり、目の調子が悪くなったりしてしまいます。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーに変えたり、疲れの原因になる物質をつくりにくくする働きがあります。

 

いわば、疲労回復の栄養素です。

 

不足すると、エネルギーがつくられにくくなったり、身体も脳も疲れやすくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

ビタミンC

ビタミンCは、血管や骨を丈夫にし、肌の張りや柔らかさを保つコラーゲンの生成を助ける働きがあります。

 

また、ストレスを撃退してくれる働きもあり、ビタミンCは健康と美容の栄養素です。

 

不足すると、ビタミンA同様、風邪を引きやすくなったり、肌がカサカサしたり、体調が悪くなったりしてしまいます。

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨や歯の健康をサポートする働きがあります。

 

丈夫な骨や歯をつくるのに欠かせない栄養素です。

 

不足してしまうと、骨折しやすくなったり、歯が弱くなったりします。

 

ミネラル(無機質)

五大栄養素 ミネラル

ミネラル(無機質)はからだを作る材料になったり、からだの調子を整える役割があります。

 

しかし、この栄養素はからだの中で作ることができないので、食品から摂っていかなければなりません。

 

からだに必要なミネラルは16種類ありますが、代表的な物として2つ紹介しますね。

 

カルシウム

カルシウムは、丈夫な骨や歯を作るのに欠かせない栄養素です。

 

イライラした気分を落ち着かせる働きもあります。

 

幼児期に不足すると、骨の成長が止まってしまいます。

 

鉄は、血液中の酸素を運んで貧血を防いでくれる働きがあります。

 

不足すると、疲れやすい、顔色が悪い、めまいがするなどの貧血の原因になってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

五大栄養素 バランス

私たちの生活の中で欠かせない食事ですが、食べているものを探ると一つ一つ意味のあるものだと言うことがわかりますね。

 

よく「栄養のバランスを整えて食事しましょう。」という言葉を耳にすると思います。

 

それには私たちが元気に生きていく上で必要なことが詰まっていたからなのです。

 

一度の食事で全ての栄養素を揃えて摂取するのはとても大変なことだと思いますが、毎日三度の食事で全て揃えられるように心がけていき、健康な身体を作っていきましょうね。

 

コメント