カフェイン中毒の種類症状とは?頭痛やめまい・急性だと死に至る可能性も?




カフェイン中毒,コーヒー

コーヒーや紅茶が大好きで、1日に何杯も飲まれる方もいらっしゃるかと思います。

 

私もコーヒーが大好きで、毎日飲んでいます。

 

そんなコーヒーや紅茶にも含まれる『カフェイン』は、大量に摂取すると中毒症状が出ることはご存知でしょうか?

 

急性の場合、最悪、死に至る場合もあるとのこと・・・。

 

今回は、そのカフェイン中毒の種類や症状カフェインの摂取量の1日の目安についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

カフェイン中毒とは?

カフェイン中毒,症状

カフェインを短時間にたくさんの量を飲用、服用することで起きる中毒のことです。

 

カフェインの含まれた飲料や錠剤等を過剰に取ることに寄って深刻な急性中毒が起こることがあるそう。

 

これは、コーヒーやコーラや栄養ドリンクなどカフェインが含まれる飲み物をいつも飲み続けることも原因の一つらしいのです。

 

カフェイン中毒とは言っても軽い症状から重い症状もあり、最悪の場合は死に至ることもあるようです。

 

今からそのカフェイン中毒の症状についてお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

カフェイン中毒の種類症状

カフェインを摂りすぎたことで、起こるカフェイン中毒の種類や症状の一例を紹介します。

  • 胃が痛くなったり吐き気、下痢等が起きる。
  • 頭痛や筋肉痛を引き起こす。
  • 不眠症になる。
  • イライラや不安感を覚える。
  • パニック発作を起こしやすくなり、動悸やめまいなどを引き起こす。
  • 心拍の増加や血圧の上昇などが起き、心臓に負担がかかる。
  • 骨粗しょう症のリスクが高まる。
  • シミを発生させやすくなる。
  • カフェイン依存症になる。
  • 最悪の場合は死に至る。

 

これだけではないかもしれませんが、色んな種類の症状があるようですね。

 

スポンサーリンク

頭痛やめまいはカフェインの摂り過ぎかも?

カフェイン中毒,頭痛,吐き気

普段から頭痛やめまいが頻繁にあるという人は、もしかするとカフェインの摂り過ぎの可能性も考えられます。

 

カフェインには血管を収縮させる作用があるため、緊張型の頭痛を引き起こす原因となります。

このときは後頭部が締め付けられるような痛みがするようです。

 

また、カフェインの摂り過ぎによって、自律神経の交感神経が活発になり、めまいが酷くなる場合もあります。

 

また、胃酸が出過ぎ、お腹が空いているときなどは特に吐き気がひどくなる傾向があります。

 

スポンサーリンク

急性のカフェイン中毒だと最悪な場合 死に至る?!

日本でも、2017年1月には、30代男性が急性カフェイン中毒で亡くなっています。

 

2011年度からの5年間で約100人が救急搬送され、3人の方が亡くなっているという事実もあります。

 

コーヒーや清涼飲料水なら10本眠気防止薬なら10錠2~3時間のうに摂取すると急性カフェイン中毒になるそうです。

 

短時間にたくさんの量を飲まないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

カフェインの1日の摂取量の目安は?

カフェイン,摂取量

カフェインの正しい摂取量については、個人差が大きいことなどから日本においても国際的にも設定はされていないようです。

 

しかし、カナダ保健省 (HC)では以下のとおり設定がされているようなので、目安としてください。

 

  • 健康な成人は、最大400mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)まで。
  • 妊婦や授乳中、妊娠を予定している女性は最大300 mg/日(マグカップで約2杯)まで。
  • 子供はカフェインに対する感受性が高いため、4~6歳の子供は最大45mg/日7~9歳の子供は最大62.5mg/日10~12歳の子供は最大85mg/日(355ml入り缶コーラ1~2本に相当)までとする。

 

これはあくまでも目安として考えていただき、カフェインの摂取量には個人差があるので、カフェイン感受性が高い人はちょっとの量でも不眠や頭痛が出やすくなります。

 

また、ごくまれではありますが、カフェインアレルギーというものもあるので、気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

カフェイン

いかがでしたか?

 

カフェインを過剰に取ることで、頭痛やめまいの症状が出たり、心臓に負担がかかったり、自律神経のバランスが崩れたりと色々な影響が出てきます。

 

また良い睡眠が取れなかったり、胃痛を起こしたりと様々な健康被害があります。

 

しかし、過剰な摂りすぎはせず、適量を飲むことで眠気対策や集中力をアップさせたり疲労回復をさせたりと、いい効果も期待できるものです。

 

1日の適正な量を守って、カフェインを楽しみましょうね。

 

過剰摂取だけは絶対にやめましょう!!!

コメント