自信がない原因を検証!そして自信がない私が自信を取り戻すために始めた5つのこと




自信のある女性
みなさんは、自分に自信ってありますか?
 
“ある”という人は、私は素晴らしいと思います。
 
私は、自分に自信がないんです。
 
なぜ自信がないのか・・・色々調べたり、過去を振り返ってみたりして、何となくわかってきました。
 
そして、どうしたら自信を持てるようになるかということがわかってきて、少し実行し始めましたので、紹介したいと思います。
 
みなさん、自分に自信が持てるよう、一緒にがんばりましょう!
 
そして、お子さんがいる親御さんは、お子さんが自信を持てる子になるよう、お子さんの自信をなくしてしまわないよう一緒にがんばりましょう!
(こちらの記事も書いています>>子供に自信をつける方法~親がすべき6つの育て方~
 
私も小学生(男)と保育園児(女)の子供がいるので、その子たちが私みたいに自信のない人間にならないよう、万全を期していきたいと思います。
 
スポンサーリンク

なぜ自分に自信がないのか

 
私が、なぜ自分に自信がないのか・・・
 
それは、次の5つに原因があることがわかりました。
  • 得意なことがない
  • 人の目を気にしすぎる
  • 人と比べてしまう   
  • いつも失敗を恐れている
  • 学生の頃イジメられてばかりだった
それぞれ、詳しく説明し、更にその結果、私がどういう人間になってしまっているかお伝えしたいと思います。
 

得意なことがない

悩む女性
 
私には、人より優れた何かが何もないんです。
 
ないと言うか、あるかもしれないけど、ないとしか思えないんです・・・。
 
小さい頃から、走るのが早かった訳でもなく、スポ少でバレーをしても下手。
エレクトーンを習っていたけど、これも全然上手くならない。
勉強も特に出来るほうではない。
趣味も特技も未だにない。
 
こんなこと書いていたら、ますます自信がなくなってきちゃいました(笑)
 
こんな風に自分には得意なことがないと思い込んでしまうから、私は、コンプレックスを強く感じて自分を好きになれなくなってしまっていました
 

人の目を気にしすぎる

目
 
うちの親(特に父親)は、公務員で頭が固く、世間体ばかり気にする人でした。
 
私が小さいとき泣いていると、泣くと近所に悪いから泣かせるな!と母親を怒る人でした。
学生のとき、バイトがしたいと言うと、お金がないと思われるから、バイトなんかしなくていい!と・・・。
 
何かにつけ世間体世間体・・・。
 
記事書いてて過去を思い出し、苦しくなってきました(笑)
 
今思えば、父も自分に自信がなかったんでしょうね。
 
世間体ばかり気にして、そればかり言われて育てられてきた私も、もちろん世間体を気にしてしまいます。
 
世間体とまではいかなくても、
こんなことすると、周りからこう思われるだろう・・・
こうしないと、周りの人に恥ずかしい・・・
この服を着ると、みんなどう思うだろう・・・
 
など、自分がどうこうではなく、周りの人がというところに焦点を当ててしまい、自分目線でなくなってしまっているのです。
 
こんな風に、人の目ばかり気にして生活しているから、私は、常に自分が人からどう思われているか不安でしかなくなり、そのために自分で何かを決めることが苦手で、何事にも迷い決断力がなくなってしまいました
 

人と比べてしまう

悩む女性
 
得意なことがないし、人の目ばかり気にする私は、常に人と自分を比べていました。
 
人と比べて、改めて自分は何もできないと実感し、更に自信をなくす・・・
 
あの人は頭もよくてスポーツもできて羨ましい。
あの人はあんなに細くて可愛いので羨ましい。
あの人はお金持ちの旦那さんと結婚し、お金がいっぱいあるから羨ましい。
 
こんなことばかりいつも考えていて、自分で自分を苦しめていました。
 
何だか悲しいですね・・・(笑)
 
そして、こんな風に人と比べてばかりいるから、私は、常に劣等感を感じてしまい、コンプレックスを強く感じてしまっていました
 

いつも失敗を恐れている

失敗が怖い
 
私は、失敗することがすごく怖いのです。
失敗することが悪いことだと思っています。
 
これは、なぜなんだろう・・・と考えましたが、失敗すると両親に怒られたかというとそうではないのです。
 
失敗を責めるような両親ではなかったです。
 
しかし、何か出来たときには褒めてくれたけど、失敗したときに励ましてはくれなかったな~と思い出しました。
 
出来たときに褒めてもらえるのがうれしくて、失敗するのが怖かったのだろうなぁと思います。
 
いつも失敗を恐れていた私は、何か新しい事を始めるときなどに、上手くいくかどうか不安になってしまい、行動が出来なくなってしまっていました
 

学生の頃イジメられてばかりだった

イジメ
 
思い起こせば、私は、小学高学年からイジメに合ってばかりいる人生でした。
 
仲間外れにされ独りぼっちになったり、裏で悪口を言われ机の中に「ぶーす!消えろ~!」とか書かれた紙が入っていたり、ショッピングセンターのトイレに「○○○○(フルネーム)、ムカツク。」と書いてあったり・・・色々なイジメを受けました。
 
こんな経験をしたら、私ってダメな人間なんだなぁ・・・嫌な人間なんだな・・・と思っちゃいますよね。
 
イジメは大嫌いです!!!
 
イジメに合っていた私は、人は裏で悪口を言うもんなんだと思ってしまい、人を信じられなくなり、例え人に褒められたとしても素直に受け入れられなくなってしまっていました。
 
 
今こうやって色々書き出すと、そりゃ自信なくなるわな~思っちゃいました(笑)
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうしたら自信を持てるのか?

 
さて、自分に自信のない私がどうしたら自信を持てるようになるのか?
 
色々調べたり、自分で考えてみたりして、次の5つの方法を試し始めましたので、紹介しますね。
  • 小さいことでも自分のことを褒める
  • 長所を書き出す
  • 簡単なことでも何か続けてみる
  • 人と比べるのではなく、過去の自分と比べる
  • ありのままの自分を好きになる
それぞれ詳しく説明すると・・・
 
 

小さいことでも自分のことを褒める

自分を褒める
 
何かできたことがあれば、どんな小さいことでも自分を褒めるようにしました。
 
出来なかったことを悔やむのではなく、できたことに着目し、褒める!
 
今日は早起きできた。
仕事がスムーズにできた。
料理が美味しく作れた。
 
など、自分で自分を褒め続けてみようと思います。
 
きっとこれを続けていくことにより、褒められることにも慣れて、人に褒められたときでも素直に受け入れられるようになるはずです。
 
というか、これからは、人から褒められても素直に受け取れるようにしたいと思います!
 

長所を書き出す

書く
 
紙に自分の長所を書き出すことにしました。
 
最初はあんまり書けなかったですが、少しずつ、少しずつ毎日書き足していくようにしています。
 
内容は、見られると恥ずかしいこともありますが、「優しい」「仕事が早い」などから始まり、どんどん書けるようになってきました。
 
毎日、この紙を見て、私にはこんなに長所があるんだ~と笑顔になれます。
 
これからも毎日続けることにより、得意なことが何もないと思っていた私でも、得意なことがたくさんある!と気付けるようになるはずです。
 

簡単なことでも何か続けてみる

瞑想
 
「毎日腹筋100回する!」とかだとハードル高すぎて続けられないと思いますが、
「毎日歯磨きをしながらスクワットを30回する!」とか「毎日瞑想する時間を作る」とかなら私は簡単に続けることができます。
 
 
こういう簡単なことを継続させることにより、自分にもできるんだ~!失敗せずに何でもできるんだ~!と失敗を恐れることがなくなるはずです。
 

人と比べるのではなく、過去の自分と比べる

比べる
 
「あの人は○○だから羨ましい」と人と自分を比べてばかりいるのではなく、昨日までの自分と今の自分を比べていくようにしました。
 
昨日は寝坊してしまったけど、今日は早起きできた!
だんだんアイロンかけるのが上手になってきた!
前より肌がきれいになってきた!
 
など、こうして比べていくと、人と比べて劣等感を感じることもないし、自分の成長をちゃんと認められて、どんどん向上できるはずです。
 

ありのままの自分を好きになる

ハート
 
一番大事なのは、これですね!
 
得意なことがなくても、人の目を気にしすぎても、人と比べてしまっていても、いつも失敗をおそれていても、学生の頃イジメられてたって、どんな自分も自分なのだから、ありのまま認めて好きになるべきなのです。
 
自信というのは、自分を信頼するということです。
 
自信がないというのは、自分を信頼していなく、自分を認めていないことになります。
 
自分を認め、信頼し、好きになることができれば、自信が自然と付いてくるはずです。
 
その日を楽しみに私は、これから過ごしていきたいと思います。
 
スポンサーリンク

まとめ

キラキラした子 
自信がある人ってキラキラしていますよね。
 
私もそんな人になりたいんです。
 
まだまだ自信をつけるために色々始めたばかりですが、これを続けていくうちにきっと私もキラキラしていくはずです!
 
みなさん一緒にキラキラ人間になりましょう!
 
そして、子供にも自信をたくさん持たせてあげて、この世がキラキラ人間でいっぱいになれるようにしていきましょうね♪

コメント