5月病の原因とは?ストレスや疲れをためず自分にあった気分転換を!




桜

春は、桜や色んな花が咲き、気分もウキウキしますよね。

新しい出会いや環境の変化も色々ある季節ですが、そろそろ、その緊張も少し緩んでくる頃ではないでしょうか。

ここで気を付けたいのが、5月病です。

5月病の原因を知ることができれば、事前に予防をすることも可能です。

連休明けに、仕事や学校に行きたくない・・・とならないためにも、「今」の過ごし方にちょっと気を配ってみましょう。

 

スポンサーリンク

5月病の原因とは?

歓迎会

4月は、「異動」「クラス替え」「歓迎会」「引き継ぎ」など、大人も子供も新しい人と顔を合わせることが多い時期です。

人と関わる緊張感、慣れないことをする大変さなどで、知らず知らずに心に大きな負担をかけています。

こういったことが5月病の原因なのですが、そこで注意が必要なの次の2つです。

 

①「他者優先」の謙虚な人ほどストレスをためやすい

自分のことよりも「他者優先」の傾向の強い人は、注意が必要です。

この「他者優先」の思考、日本社会では昔から美徳とされてきましたし、小さい頃から学校や家庭で教わってきたと思います。

「自分さえ我慢して周りが上手く行くなら、それでいい。」

という考え方は、決して悪いことではありませんし、素晴らしいことです。

しかし、これが行き過ぎてしまうと、驚くほど精神を蝕んでしまいます。

 

②感情の変化よる疲れもストレスに

ストレスの原因になるのは、「イヤなこと」「悲しいこと」「つらいこと」だけではありません。

こういった、マスナス感情よりもむしろ「変化」という刺激がストレスの原因になるのです。

通常の状態に「変化」を及ぼす刺激こそが原因となるのです。

驚くことに、「嬉しい」ことや「楽しいこと」もすべて原因となるのです。

環境が変化し、ワクワクするときであっても「うつ」を発症するようなケースは珍しくありません。

年度替わりの4月は最も感情の変化が多い時期なので、ストレスが蓄積され、心身に影響が出てくるのが5月のあたりなのです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5月病を予防するには?

さて、こんな5月病、予防する方法もちゃんとあります。

予防法をお伝えしますので、少しでも実践してみてくださいね。

 

①感情は表現しても良い!

感情表現

「他者優先」で、相手に合わせてばかりいると、「自分の本当の気持ち」がつかみみくくなります。

しかし、自分の気持ちがつかみににくなったとしても、気持ちがなくなった訳ではないのです。

押し込められて、自分でわかりづらくなっているだけで、知らず知らずにストレスは蓄積されているのです。

ちゃんと「自分の本当の気持ち」を感じ、自分の感情も表に出してください。

 

  • 嬉しいときは素直に喜ぶ
  • イヤな誘いには無理して行かなくてもよい
  • 人と同じものを注文しなくてもよい
  • 納得いかないことなら、納得いかないと言えばよい

 

これらを心の隅に置いておいてくださいね。

今まで長年「他者優先」をしてきた人は、すぐに変わるのは難しいと思いますが、少しずつ、自分を表現していけるといいですね。

 

②自分を大切にする!

「他者優先」が行き過ぎると、自分を大切にできない傾向があります。

「自分はどう感じているのか」

「自分はどうしたいのか」

を自問自答する時間を作るよう心掛けてくださいね。

外に目が向きがちなこの時期だからこそ、積極的に自分と向き合い、自分を大切にすることが重要です。

 

③自分にあった気分転換を!

瞑想

万人に共通する「良い気分転換」というのはありません。

人が良いと思うことが、自分にとって良いとは限りません。

まずは、自分が好きなことをするのが一番です。

  • 瞑想をすること
  • お風呂にゆっくり入ること
  • 旅行に行くこと
  • ゲームをすること
  • カラオケに行くこと
  • 美味しいものを食べること
  • たくさん眠ること
  • 散歩に行くこと
  • 運動をすること

どんなことでも、人と同じでなくてもOKなのです。

なかなか自分の時間をつくるのは、難しいと思います。

しかし、意識的にこういった時間を作ることが大切です。

緊張感を伴う忙しさの中で、自分の時間が持てず、ストレスの発散ができないままでいると、後で大きな代償を払うことになりかねないのです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

新緑

こうやって、考え方を少しでも変えていくと、全然違う過ごし方ができると思います。

新緑の時期をすがすがしい気持ちで毎日を送ることができるように、今日から心がけてみてくださいね。

「あれ?今年は5月病なんてあったかな~?」と気付いたら夏になっていること間違いなしです!

コメント