谷口亮(東京オリンピックマスコットデザイナー)のwiki風プロフや実績紹介‼




2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会マスコットがついに、2018年2月28日に決定しましたね!!!

 

「ア案」に決定したのですが、そのデザインをしたのは、「谷口亮」さんと言う方のようです。

 

このデザイナーさんは一体どんな方なのでしょうね。

今から掘り下げていきたいと思います!

 

※決定したマスコットの詳細についてはコチラの記事をご覧ください↓↓

東京オリンピックマスコットに決定の「ア案」とは?名前は?「イ案」「ウ案」も紹介!

 

スポンサーリンク

東京オリンピックマスコットをデザインした「谷口亮」さんとは?

東京オリンピックの大会マスコットに決まった「ア案」をデザインしたのは、福岡県のキャラクターデザイナー 「谷口亮」さんという方です。

 

谷口亮さんは、大会マスコットに選ばれたことについて、

「頭の中が真っ白です。大好きな奥さんに伝えたい。」

と喜びを語られていました。

 

大好きな奥様がいらっしゃるんですね!

そんな谷口亮さんのプロフィールはというと・・・?

 

スポンサーリンク

東京オリンピックマスコットをデザインした「谷口亮」さんのwiki風プロフィール

そんな「谷口亮」さんのプロフィールをわかる範囲でお伝えしますね。

【名前】谷口 亮(たにぐち りょう)

【生年月日】1974年9月5日(2018年2月現在43歳)

【血液型】B型

【出身地】福岡県福岡市

【出身校】中村学園三陽高等学校・サンタクルーズ大学

【家族構成】奥様(愛子さん)と娘さん(日向子ちゃん)

 

スポンサーリンク

東京オリンピックマスコットをデザインした「谷口亮」さんの実績

谷口亮さんは、日本の高校(中村学園三陽高等学校)卒業後、米カリフォルニア州にあるサンタクルーズ大学で美術を専攻し、帰国後、オリジナルキャラクターの制作を開始したとのこと。

その後、路上でキャラクターグッズを販売しながら人脈を培い、今に至ったそうです。

 

教育系出版社「ベネッセ」でキャラクター「ニャッチ」のデザインを担当していたり、博多警察署・防犯協会の「いかのおすし」のキャラクターのイラストも手がけたそうです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

谷口亮さん、キャラクターのようにとっても可愛いお顔の方でしたね!

そしてアメリカでデザインを学んだり、ベネッセのキャラクターを担当していたりと、なかなかすごい人ですね。

 

 

これからきっとどんどん有名になられるんでしょうね。

ご活躍を応援しております!!!

コメント