東京オリンピックマスコットに決定の「ア案」とは?名前は?イ案・ウ案も紹介!




2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会マスコットがついに、2018年2月28日に決定しました!!!

 

大会マスコットは、「ア」「イ」「ウ」の3つの案が最終候補として残っていましたが、最終的に、「ア案」で決定しました。

 

この「ア案」とはどんなマスコットなのか、誰がデザインしたものなのか、気になりますよね~。

また、どんな方法で選ばれたのでしょうね。

 

今から掘り下げていきますね!

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマスコットはどんな方法で最終決定?

東京オリンピックの大会マスコットは、一般からの公募を受け、ゲーム会社などの若い専門家によるデザイン選考や有識者による審査会にて、3つの最終候補に絞られていたようです。

 

その後、2017年12月から2018年2月22日にかけて、全国の小学校などでクラス単位による投票が行われ決定されたとのこと。

約1万6000校、20万クラスほどで参加があったそうです。

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマスコット「ア案」のデザイナーは?

東京オリンピックの大会マスコットに決まった「ア案」をデザインしたのは、福岡県のキャラクターデザイナー 谷口亮さんという方です。

谷口亮さんとはこの方のようです↓↓

 

谷口亮さんの詳細についてはコチラの記事をご覧ください↓↓

東京オリンピックマスコットデザイナー「谷口亮」さんのwiki風プロフや実績紹介‼

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマスコット「ア案」とは?

福岡県のキャラクターデザイナー 谷口亮さんがデザインした、東京オリンピックの大会マスコットの「ア案」とはどんなものなのか、気になりますね~!

デザインは、以下のとおり、大会エンブレムの市松模様をあしらったものとのことです。

 

近未来的な感じで可愛いですね~♪

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマスコット 最終候補「イ案」「ウ案」も紹介

残念ながら選ばれなかった、「イ案」と「ウ案」についても紹介しますね!

 

 

ツイッターには「ア案」に決まってよかった~というような声が見受けられました!

 

スポンサーリンク

東京オリンピックのマスコットの名前は?

東京オリンピックのマスコットは、今のところ「ア案」と呼ばれています。

正式な名前はまだ決まっておらず、今後、2018年夏にかけてマスコットの名前を検討していくことになるということです。

 

また一般公募や住民による投票によって決めるんですかね。

どうなるのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

2020年のオリンピックに向けて少しずつ前進していますね。

これから色んなことが決まっていきますね。

日本国内でのオリンピックの開催、本当に楽しみですし、目が離せませんね!!!

コメント