節分 2018年の恵方は?恵方巻きや豆まきの由来・意味も子供向けにわかりやすく解説!




節分 恵方巻き 由来

節分で福豆をまく、鬼のお面をつけるのはお父さんの役割などなど、節分の儀式は地域によって、各家庭で様々な過ごし方があるようです。

 

昭和の終わりから平成の始まりに日本全国に広まった、節分で恵方巻きを食べる習慣や豆まきの由来について、子供さんでもわかるように解説します。

 

現在の日本の節分という儀式を、時代の流れとともにお伝えしていきますね。

 

★こちらの記事も参考にどうぞ!
>>節分は2月3日だけじゃない?2018年はいつ?本来は立春の前日が節分なのだ!

 

スポンサーリンク

そもそも節分の由来は?

節分 由来

福豆をまき、恵方巻きを食べる節分は、中国より奈良時代の日本に伝わった文化です。

 

古来中国では大晦日(おおみそか)に追儺(ついな)という邪気をはらう行事がありました。

 

日本では平安時代になると宮中行事となり、江戸時代になると最初は「豆打ち」だったのが、農民の豊作を願う「豆まき」に変わったそうです。

 

新年を迎える前日に厄災をもたらす鬼を追いはらう中国での風習が、日本では節分として今に伝承されています。

 

 

スポンサーリンク

恵方巻きの由来

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 節分 2018年の恵方は?恵方巻きや豆まきの由来・意味も子供向けにわかりやすく解説!

今では節分の一つとなっている恵方巻き(えほうまき)ですが、日本全国に広がったのは昭和の終わりから平成のはじめの頃です。

 

まずは、恵方巻きについて紹介します。

 

恵方巻きの起源と発祥と広がり

恵方巻きの起源と発祥には色々な説ありますが、だいたいが江戸時代の終わりごろ大阪の商人の間で、商売繁盛と厄災祓いを願い、立春の前日の節分に太巻きを丸かじりしたということです。

 

そして、昭和初期には「幸運巻きずし」として、豪華な太巻きを丸かじりするように変わったようです。

 

その後、昭和の終わりころから平成の初めに、あるコンビニが太巻きを「恵方巻き」という商品名で売り出し、そこから恵方巻きが日本全国に広がりました。

 

恵方巻きとは

恵方巻きには別名、丸かぶり寿司、恵方寿司、吉方巻き、招福巻き、幸運巻き、開運巻き寿司などがあります。

 

節分の祈願として食べる恵方巻きは、縁起のよい七福神にちなんで7種類の具材をいれ、福を巻き込んだ太巻きです。

 

巻き込んだ福を切らないように、包丁などで切り分けることはしません。

 

一本のまま食べる太巻きが恵方巻きのことです。

 

恵方巻きの理想的な食べ方

節分の日に縁起の良い恵方の方向を向いて食べるのが恵方巻き。

 

その年の恵方を向いて食べると、願い事がかなったり幸運にめぐまれ、商売繁盛をもたらすとされています。

 

次の①-③の順で恵方巻きを食べることにより、願い事がかなうというのが、節分の恵方巻きです。

 

①恵方巻きを用意する

縁起のよい七福神にちなんで7つの具材の太巻きを切らずに用意する。

 

②恵方の方向を見つける

節分 恵方 2018

恵方とは、その年最も縁起の良い方向を意味しています。

恵方の方向を示す専用のアプリもあります。

 

恵方の出し方は以下のとおりです。

難しいので参考程度に見てみてください。

 

恵方の出し方

その年の福徳をつかさどる歳徳神(としとくじん)という神のいる方角を恵方といいます。

甲·己の年 東北東やや東 甲の方角
丙·辛·戊·葵の年 南南東やや南 丙の方角
乙·庚の年 西南西やや西 庚の方角
丁·壬の年 北北西やや北 壬の方角

 

「歳徳神のいる方向に向かって事を行えば、万事に吉とされる」という言い伝えがあり、縁起の良い方角です。

恵方は、以下の十干(じっかん)から4種類に分かれ、一年ごとに順番にまわっているのです。

 

音読み 訓読み 五行(ごぎょう) 陽=兄(え) 陰=弟(と)
甲‐こう きのえ 木‐き  
乙‐おつ きのと  
丙‐へい ひのえ 火‐ひ  
丁‐てい ひのと  
戊‐ぼ つちのえ 土‐つち  
己‐き つちのと  
庚‐こう かのえ 金‐か  
辛‐しん かのと  
壬‐じん みずのえ 水‐みず  
葵‐き みずのと  

 

 

十干に五行を結び付け、それぞれに陽=兄、陰=弟をつけ、十二支と組み合わせて年や日、方位などをあらわすのに利用しているようです。

 

ちなみに、2018年は戊(つちのえ)なので南南東2019年は己(つちのと)なので東北東が、恵方となります。

 

③しゃべらずに1本食べる

節分 恵方巻き 食べ方

福を巻き込んだ恵方巻き、福を包丁で切らない為に1本そのまま、福を逃さないように、しゃべらずに食べ終わることが大切です。

 

地域によっては、目を閉じて食べるや笑いながら食べるなどという習慣もあります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

豆まきの由来

節分で豆をまくのは、厄災いをもたらす鬼を追いはらい、新年に福を呼び込むための儀式です。

 

豆まきに大豆を使用する意味

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿ると言われています。

 

米よりも粒が大きく、悪霊を祓うのに最適であり、米の次に神事に用いられています。

 

また、「魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を減する(魔滅=まめ)」とも言います。

 

豆の準備

節分 大豆

豆まきの大豆は必ず炒ったものを使います。

拾い忘れた大豆から芽がでると縁起が悪いという言い伝えからです。

 

また、豆を「炒る(いる)」が「射る」と同音であることから、魔の目(まめ)を射るとも言われます。

 

炒った豆は福豆といわれ、神様の力が宿るように神棚にお供えしておきます。

 

神棚がない場合はタンスなど高いところに白い紙の上にお供えしても良いでしょう。

 

豆まきはいつ、誰がまくのが効果的?

鬼は夜中にやってきますので、豆まきは夜が効果的、家族全員で豆まきをしましょう。

 

家族の幸せを願う儀式です、厄年·年男·年女の人は特に厄災祓いの意味で必ず豆まきをしましょう。

 

★厄払いについての記事も書いています。参考にどうぞ!
>>【厄払い】2018年の厄年 男女の年齢は?いつからいつまでに行くべき?
>>厄払いの封筒の書き方(表・裏・中袋)や選び方・水引は?金額はいくら?

 

豆のまき方

節分 豆 まき方

窓をあけて「鬼は外」と外へ向かって豆をまき、直ぐに窓を閉めて「福は内」と室内にまきます。

奥の部屋から順番に、最後は玄関です。

家中の鬼を追い出しましょう。

 

「鬼」や「福」以外に具体的な名称を呼んでもOKです。

 

豆を食べる

福豆をまき終わったら、新しい一年を厄災無く過ごせるように、自分の年齢よりも一つ多い福豆を食べましょう。

 

神様の力の宿った福豆を食べることで、邪気を祓い、福を呼ぶとされています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

節分 豆まき 由来

いかがでしたか?

節分の恵方巻きや豆まきの由来や意味について、理解は深まりましたか?

 

節分では、福を巻き込んだ恵方巻きを、縁起の良い恵方の方向に向かって、福を逃さないように無言で食べましょう。

 

そして、炒ってお供えした福豆をまいて、食べて、福を呼び込みましょう。

 

寒く厳しい冬と別れて新春を迎える意味もある節分の儀式は、家族団らんの象徴ともいえます。

是非、家族みんなで楽しんで行ってくださいね。

 

 

★こちらの記事も参考にどうぞ!
>>節分は2月3日だけじゃない?2018年はいつ?本来は立春の前日が節分なのだ!

 

コメント