18歳成人法で成人式はいつに?2003年度・2004年度生まれの人はどうなる?




2018年6月13日、参院本会議で、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法「18歳成人法」が可決、成立しましたね。

これで気になるのは、2022年度に18歳になる人・19歳になる人の「成人式」をいつ行うのか、ということではないでしょうか。

 

成人式をどうするかについては、まだ決まっていないことのようですが、どのパターンになるのか、考えてみたいと思います!

 

スポンサーリンク


2022年の成人式について疑問や予想など反響

 

18歳成人法施行の2022年の成人式は成人の日(2022年1月)にまとめて行う?

現在も、成人の日に成人していない人というのもいますよね。

早生まれで、成人の日より誕生日が遅い人については、また20歳ではないけれど、式典に参加します。

 

それと同じ考えで、

  • 2022年度に18歳になる人(2004年度(2004年4月2日~2005年4月1日)生まれの人)
  • 2021年度に19歳になる人(2003年度(2003年4月2日~2004年4月1日)生まれの人)

は、2022年1月の成人式に参加するのでしょうか?

2018年度 11歳

2022年度 15歳(2007年度生まれ

2022年度 18歳(2004年度生まれ

そうすると2020年度生まれの人、2021年度生まれの人、2022年度生まれの人が出席することになるので、3倍の人数になってしまいますね。。。

 

また、成人の日(2022年1月)の時点では、まだ18歳成人法が施行されていないので、2021年度と2022年度生まれの人は、まだ成人じゃないのに成人式に参加することになってしまいますね。

 

そして、2022年度生まれの人は、大学受験の時期と重なるので、本人としても親としても避けてほしいところですよね。

 

そう考えると、このケースになる可能性は低いような気はします。

 

18歳成人法施行の2022年の成人式は2回に分けて行う?

2022年の成人式は、1月と4月以降の2回に分けて行うということも考えられますね。

【2022年1月開催】

  • 2020年度に20歳になる人(2002年度(2002年4月2日~2003年4月1日)生まれの人)

【2022年4月以降開催】

  • 2022年度に18歳になる人(2004年度(2004年4月2日~2005年4月1日)生まれの人)
  • 2021年度に19歳になる人(2003年度(2003年4月2日~2004年4月1日)生まれの人)

 

この方がなんとなくしっくりしますね。

ただ、1年に2回もおこなうというのは、地方自治体は大変だと思うので、どうなりますかね。。。

 

18歳成人法施行の2022年からは成人の日が変わる?

成人の日自体を変えるということも可能性としてはあるかもしれませんね。

2022年の4月以降に成人の日を持ってくれば、まとめて開催することも可能です。

 

ただ、18歳~20歳の人が参加することになるので、人数的な問題が出てきそうですね。

そんな人数が入る会場というのも探すのが大変かもしれません。

 

まとめ:2022年の成人式は政府と地方自治体とで検討

成人式については、まだ何も決定していないようなので、今お伝えした3つのケースのどれかになるのか、はたまたまったく別のケースになるのか、まだ全然わかりません。

成人式は、地方自治体が主体となって開催するケースが多いので、政府と地方自治体とで意見交換を行いながら、どのように行うのが望ましいかをこれから検討していくとのことです。

 

また決まり次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク


関連コンテンツ