18歳成人法はいつから?目的や意味は?狙いはやはり税金?




2018年6月13日、参院本会議で、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法「18歳成人法」が可決、成立しましたね。

 

この「18歳成人法」とはいつから適用するのでしょうか?

また、「18歳成人法」とはいっても、適用しないものもあるようです。

どういったことが適用され、適用されないのか、まとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


18歳成人法はいつから?

18歳成人法は、今から約4年後の、2022年4月1日に施行されることが決まりました。

 

18歳成人法の目的や意味・狙いとは?

18歳成人法を設立させた意味や目的・狙いとは何でしょうね。

少子高齢化の進展を踏まえ、若者の自立を促して、社会の活性化につなげるのが狙いとのことらしいです。

・・・が、こんな声も

やはり、真の狙いは、年金や税金を増やすためなのかもしれませんね・・・。

 

18歳成人法を適用する・適用しないまとめ

18歳成人法が施行された後も、適用するもの、適用しないものもあるようです。

18歳成人法が適用されるもの

  • 携帯電話やクレジットカードの契約が1人でできる
  • 親の同意なくローンが組める
  • 民亊裁判を1人で起こせる
  • 10年有効のパスポートの取得
  • 性別変更の申し立て
  • 女性の結婚できる年齢の引き上げ(男女共に18歳から)

18歳成人法が適用されないもの(20歳を維持・変わらないもの)

健康への配慮や依存症を防ぐため、以下の件は年齢を引き下げず、20歳未満は禁止のままとのこと。

  • 養子をとることができる
  • 飲酒や喫煙
  • 競馬などのギャンブル

 

適用する・適用しないものの区別について、こんな声も上がっています。

スポンサーリンク


関連コンテンツ