木村拓哉(キムタク)の長女・心美は高校生!どこの学校?桐朋女子か?




元SMAPのキムタクこと木村拓哉と工藤静香夫妻の次女・光希さんがモデルデビューをされ、話題になっていますね。

 

そんなキムタクと工藤静香には、もう一人お子さん(長女・心美さん)がいらっしゃいます。

長女・心美さんについても気になりますよね!

 

長女・心美さんは現在は高校生らしいのですが、どこの学校に通われているのでしょうか?

桐朋女子高等学校という噂も。

 

今から、掘り下げていきたいと思います!

 

★次女・光希さんについてはコチラ↓↓

 

スポンサーリンク


キムタク(木村拓哉)と工藤静香の長女・心美のプロフィール

まずは、キムタクと工藤静香の長女・心美さんののプロフィールについてお伝えしていきます。

名 前 :木村 心美(きむら ここみ)

生年月日:2001年5月1日(2018年5月時点で17歳)

趣味・特技:フルート

 

心美さんは、2016年の夏に代官山のセレクトショップでアルバイトをされていたという噂も!

大物芸能人の娘なので、お金に困ることはないのにアルバイトをされていたということは、人生経験のためですかね。

それとも、自立して生活をしていくためなのか。

 

いずれにせよ、キムタクと工藤静香はしっかり上手に子育てをされていますね。

 

木村拓哉(キムタク)の長女・心美は現在高校生!小学校・中学校は?

キムタクと工藤静香の長女・心美さんは、現在17歳で高校生です!

ついこないだ生まれたと思っていましたが、もう高校生!

時が経つのは早いですね(笑)

 

心美さんは、小学校と中学校はどこに通われていたんでしょうね?

 

なんと、『The British School in Tokyo』というイギリス式のインターナショナルスクールに小学校から中学校までずっと通われていたそうです。

また、心美さんは、幼稚園は、『アオバジャパン・インターナショナルスクール』に通われていたとのこと。

 

なぜイギリス式のインターナショナルスクールに通われてたかというと、お母さんの工藤静香さんが、アメリカ英語よりもキレイなイギリス英語がいいからという強い希望があったからだそうです。

 

心美さんが、小学校から中学校まで通われていた『The British School in Tokyo』の生徒数は1,000人ほどらしいのですが、65か国の出身者が在籍しているそうです。

その中で、日本人は約1割しかいないらしいのです。

 

それだけ日本人が少なく、色んな国の方が通われているということは、色んな国の文化を学べますし、コミュニケーションは、もちろん英語になるので、英語がペラペラになること間違いなしの学校ですね。

 

木村拓哉(キムタク)は現在どこの学校に?桐朋女子か?

キムタクと工藤静香の長女・心美さんは、2018年4月から高校生になられましたが、どこの高校に通われているのでしょう?

 

どこの高校かというと、「桐朋女子高等学校」に通っているとの噂です。

桐朋女子高校には「音楽科」があり、女子高なのですが、音楽科だけは男女共学で、卒業生には小澤征爾さんや高嶋ちさ子さんらもいるとのこと!

 

キムタクと工藤静香の娘、長女・心美さん、次女・光希さんは共に、フルートを習っているそうで、ヤマノジュニアフルートコンテストで、心美さんは最優秀賞、光希さんは優秀賞を受賞されたこともあるそう。

 

次女の光希さんはモデルデビューをされたものの、姉妹二人の夢はフルート奏者になることらしいのです。

★次女・光希さんについてはコチラ↓↓

 

そのため、音楽科のある有名な学校、「桐朋女子高等学校」に進学することを選択されたのではないかとのことです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

長女・心美さんも、次女・光希さんも才能あふれるお嬢さんですね。

大物芸能人の娘ということで遺伝ももちろんあっての才能だと思いますが、やはりキムタクと工藤静香の育て方が素晴らしく、それによって娘たちも前向きに努力されてるからだと思います。

 

子を持つ親として、我が子をそんな風に育てることがどれだけ難しいことなのか、本当によくわかります。

どのように育てられているのか、是非、本を出版してほしいですね!!!

 

★次女・光希さんについてはコチラ↓↓

スポンサーリンク


関連コンテンツ