ゴキブリは菌を持っている!その数は?人体への影響は?なぜ汚いと思われるか判明!




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ゴキブリは菌を持っている!その数は?人体への影響は?なぜ汚いと思われるか判明!

↓↓↓↓↓

駆除率94.7%のゴキちゃんグッバイの詳細を見る!

 

「ゴキブリ」は害虫と言われ、その名のとおり、害をきたす虫です。

 

見た目にも嫌な不快害虫、衛生的にも危険な衛生害虫経済害虫と言われている理由を、今からお伝えしていきます。

 

これを見たら、家をもっとに綺麗にしよう!と思うようになるかもしれません。

そしてもっとゴキブリが嫌いになるかもしれないですね…。

 

 

★こちらの記事も参考にどうぞ!

>>ゴキブリの卵の色は?一度に何匹孵化するの?見つけたらどう処理する?

>>ゴキブリを退治する方法で殺虫剤以外に有効なのは?洗剤?熱湯?ファブリーズ?ホウ酸団子?

 

 

スポンサーリンク

ゴキブリは菌を持っている!

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ゴキブリは菌を持っている!その数は?人体への影響は?なぜ汚いと思われるか判明!

ゴキブリには、人間に害を及ぼす菌が確認されています。

見た目にも不快で、家の中で見つけたときは叫び声を出してしまいませんか?

 

実際にどんな菌があり危険なのか気になりますよね。

今から、ゴキブリが持っている菌をご紹介します。

(怖いですよ~笑)

 

サルモネラ菌

サルモネラ菌の生存率は強く、ゴキブリの糞の中でも何年間も死なずに生息するほど、かなり強い菌で、サルモネラ食中毒という感染型の食中毒です。

 

体内に入れば、嘔吐・下痢・発熱と消化器系の症状がみられる怖い菌です。

ゴキブリの糞はとても危険だということです。

 

赤痢菌

赤痢菌も食中毒を起こします。

経口感染をしますので、菌が入った食品を食べることにより移り、少量の菌でも発症します。

 

ゴキブリが乳幼児のおもちゃのところで糞をし、知らずにそのおもちゃを乳幼児が口に含んだりすることによって物品からの感染も確認されています。

 

スポンサーリンク

 

ピロリ菌

ゴキブリは、ピロリ菌も保有しているようです。

 

ピロリ菌に感染したからと言って全ての人か発症するわけではありません。

しかし、一度住み着いたピロリ菌は、除菌しない限り、胃の中に住み続ける菌です。

少なからず胃炎を起こし、慢性的炎症が起き、胃ガンになる場合もあります。

 

胃の粘膜を防御する力も弱まり、体にとって無防備な状態になるので、病院で検査し、取り除く処置が必要な場合もあります。

 

 

これらの他にも、ゴキブリは、チフス菌や大腸菌なども持っているようです。

 

菌の数は?

菌の数は、億や兆や、とにかく大変な数です。

 

ゴキブリを見つけて退治した後は、雑巾などで掃除し、除菌する必要があります。

菌を除去するスプレーなども用意しておいた方がいいですね。

 

 

スポンサーリンク

ゴキブリの菌の人体への影響

ゴキブリ 菌 影響

ゴキブリの菌は、主に糞の中にあります。

 

一番の影響は、やはり、食中毒です。

ゴキブリの糞の中にある様々な菌に感染し、激しい嘔吐下痢を引き起こしたり、発熱する場合もあります。

 

また、ゴキブリの糞が家の中で飛散し、アレルギー反応を起こし、皮膚がかゆくなったり、喘息の発作を起こす場合もあります。

ゴキブリ菌が、体内に入ったり、体に付着しないように、ゴキブリの退治と掃除はすばやくしなければいけませんね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴキブリ 菌 人体 影響

いかがでしたか?

めちゃくちゃ気持ち悪いですね…!

ゴキブリは見た目が気持ち悪いだけでなく、やはり菌を持っている衛生害虫で人体への影響もある有害な害虫なんですね。

 

私の家族にもアレルギー体質がいるので、ゴキブリが出ないようにしっかり掃除しよう!と心から思いました。

 

みなさんも気を付けてくださいね!!!

 

駆除率94.7%のゴキちゃんグッバイの詳細を見る!

コメント