腸内細菌と免疫を増やす乳酸菌!薬に頼らず体質や見た目や性格まで変えられる?




腸内フローラ

 

腸内細菌をコントロールすると、「体質」も「見た目」も「性格」も変えることができちゃうんです!

びっくりですよね!!!

 

「腸内細菌をコントロールする」とは一体どういうことでしょう?

 

それは、有用な腸内細菌(善玉菌)を増やすことです。

 

有用な腸内細菌(善玉菌)を増やすためには、免疫を上げることが大切なんです。

そして免疫を上げるのに効果を発揮するのが乳酸菌です。

 

今から、腸内細菌とは何か、腸内細菌と免疫と乳酸菌の関係について詳しくお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

腸内細菌とは何?

腸内細菌とは、私たちの腸内に住んでいるたくさんの細菌のことをいいます。

その内訳は、100種類以上、数にして約100兆個ともいわれています。

 

腸内に生息している細菌の種類は、その人その人ごとに異なります。

また、そのときどきの生活習慣や年齢、ストレスなどによっても影響を受け変化しています。

 

腸内細菌にはは、大きく3つの種類があります。

腸内細菌

 

健康な人の腸内は、善玉菌が悪玉菌を抑える形で一定のバランスで維持されています。

 

逆に、何らかの原因で悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内腐敗が進み人の健康に有害な物質が増えます。

これらの有害物質が臭いオナラの原因になったり、もっとひどい場合は、有害物質が腸管から吸収されてしまい肝臓、心臓、腎臓などに負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとする様々な生活習慣病の原因になったりすることもあります。

理想的な腸内細菌の割合は、次の通りです。

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

腸内細菌と免疫の関係

強い免疫は、強い(有用な)腸内細菌を作ります!

  • 免疫が低いと・・・腸内細菌が住み着かず、弁として排泄される
  • 免疫が高いと・・・腸粘液層に有用な腸内細菌を取り込み、住み着かせることができる

この免疫は、20歳をピークに、40歳で50%、70歳で10%にまで下がるといわれています。

では、どうしたら免疫を上げることができるのでしょうか・・・?

 

 

スポンサーリンク

免疫を上げるには乳酸菌を!

ヨーグルト

乳酸菌を摂ることで、免疫力が上がります!!

 

それはなぜでしょう?

 

ちょっと難しい話になりますが、その理由は、免疫細胞と腸内の善玉菌との関係にあります。

腸の上皮細胞には、乳酸菌などと結合する「トル様受容体(TLR)」というものが存在します。

人間のトル様受容体(TLR)は10種類程度あることがわかっており、それぞれ結びつく相手が決まっています。

その中の何種類かが、ビフィズス菌や乳酸菌、また日和見菌のバクテロイデスなどの菌体成分と結合します。

トル様受容体(TLR)がこれらの微生物の成分と結合すると、細胞内に信号が走って、免疫細胞がスタンバイの状態になります。

それによって、免疫力が増強されるというわけです。

 

色々な試験でも、乳酸菌による免疫力アップの作用が確認されているようです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

理想の自分

 

腸内環境ってとっても大事だということがわかりましたね!

 

乳酸菌を摂取し、免疫力を高め、腸内細菌をコントロールしていきましょう。

 

腸内環境が整えば、薬に頼らない体質も手に入るかもしれません。

老化を防止できるので、見た目もよくなる可能性もあります。

精神状態も整うので、性格も変わるかもしれません。

 

積極的に乳酸菌を摂っていきたいですね。

コメント