きょうだい“真ん中っ子”の性格や接し方のポイントについて教えます!




きょうだい構成は、性格を作り上げていくうえで大きな要因の一つといえます。

子供たちの個性の芽をつぶさず、それぞれの良さを伸ばしていけるといいですよね。

そのヒントをお伝えしますので、是非参考にしてください!

 

★上の子、末っ子、一人っ子についても記事も書いています。参考にどうぞ!
  ↓↓↓

きょうだい“上の子”の性格や接し方のポイントについて教えます!

きょうだい“末っ子”の性格や接し方のポイントについて教えます!

きょうだい“一人っ子”の性格や接し方のポイントについて教えます!

 

スポンサーリンク

真ん中っ子の性格とは・・・

3姉妹

真ん中っ子は将来一番成功するというデータがあるそうです。

長期政権の総理大臣は、真ん中っ子(間っ子)が多いというデータもあるようです。

 

また、協調性に溢れ、柔軟性や社交性に富み、友達作りも得意であるという特徴があります。

その根拠としては、以下の点が考えられます。

  • 真ん中っ子というのは、上の子と下の子から色々言われるため理論武装する子に育ち、コミュニケーション能力が高まる。
  • 親の注目が届きにくい分、自主性を活かして自由にのびのび育つことができる。
スポンサーリンク

末っ子の接し方のポイント3つ

①適度に注目し、適切にほめる。

真ん中の子は、親の注目が生き届きにくい立場であり、自由で気楽な反面、寂しさも抱いていることもあります。

そのため、他のきょうだいが嫌がることをしてトラブルを招いたり、親に反抗的な態度をとったりすることもあります。

 

親の注目を引き付けたい一心での行動なのですが、そこで親から怒られると「どうせ自分なんか・・・」とふてくされたり、いじけたり、ひがんだりして、悪循環になることもあります。

 

不適切な言動については、流せることはさらっと流し、適切な行動に対して注目し、ほめるようにしましょう。

②真ん中の子の微妙な立場を理解する

親の都合によって、“お兄ちゃん(お姉ちゃん)の役割”を押し付けられたり、年下として扱われたり。

真ん中っ子は、理不尽な体験をすることがあります。

 

年上とケンカをすれば、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)に向かってなんですか!」と注意され、小さい子とケンカをすれば、「小さい子に向かってなんですか!」と言われてしまいがちです。

 

このような対応にならないよう、“一人の子供”として扱うよう気を付けましょう。

スポンサーリンク

③大切な存在であることを伝える

何かをするときに、「大きい子から」「小さい子から」という順番で始めることが多いものです。

 

「今日はあなた(真ん中の子)からね」と意識的に真ん中の子を呼ぶ機会を持ちましょう。

 

下の子が邪魔をしにきても、「今は〇〇くん(ちゃん)としゃべってるから待ってね」と伝え、真ん中の子とじっくり向き合う時間を積極的に作りましょう。

 

そして、「お母さんは、○○くん(ちゃん)のことが大好きだよ」と心から伝え、大切な存在であることを伝えてあげてください。

 

こちらの記事も参考にどうぞ!>>子供に愛情を伝える5つの方法~ママの愛で自己肯定感アップ!!~

 

スポンサーリンク

まとめ

愛してる

真ん中っ子は、“言うことを聞くけれど、何を考えてるのかわからない”というのを私はよく耳にします。

それは、上の子と下の子に挟まれるという微妙な立場だから、色んな人に気を使って、そうなったのではないかと思います。

 

真ん中っ子は、言うことを聞くから、親としてもますますほったらかしにしてしまうこともあるかもしれませんが、愛情には飢えていると思います。

 

意識して真ん中の子と接する機会を持ち、たくさんの愛情を注いであげてくださいね。

コメント