きょうだい“末っ子”の性格や接し方のポイントについて教えます!




きょうだい構成は、性格を作り上げていくうえで大きな要因の一つといえます。

子供たちの個性の芽をつぶさず、それぞれの良さを伸ばしていけるといいですよね。

そのヒントをお伝えしますので、是非参考にしてください!

 

★上の子、真ん中っ子、一人っ子についての記事も書いています。参考にどうぞ!

 ↓↓

きょうだい“上の子”の性格や接し方のポイントについて教えます!

きょうだい“真ん中っ子”の性格や接し方のポイントについて教えます!

きょうだい“一人っ子”の性格や接し方のポイントについて教えます!

 

スポンサーリンク

末っ子の性格とは・・・

末っ子

人気と生まれ順の関わりを調べたところ、圧倒的に1番人気があるのは末っ子というデータが出ているそうです。

真ん中っ子は将来一番成功するというデータがあるそうす。

その根拠としては、以下の点が考えられます。

  • 親が子育ての経験を積んでいるため、精神的に穏やかに育てることができ、子供も穏やかな子になる。
  • 一番小さい末っ子は、誰からも可愛がられ、甘え上手な子になる。
スポンサーリンク

末っ子の接し方のポイント3つ

①責任感と人のためにする喜びを経験させる

末っ子には、周りがこぞって先回りし、手や口を出したがることがあります。

それが行き過ぎると、自分でやればできることでも、できなくなってしまうことにもなりかねません。

もし、既にそういう状態になってしまっている場合は、「自分でできることはしようね」と、年齢相応にできることは自分で少しずつさせるようにしていきましょう。

たとえ失敗したとしても、それを見守る姿勢が大切です。

末っ子にも家の仕事を分担させて、責任感と人のために何かをすることの喜びを味合わせてあげましょう。

 

②“今できていること”に注目する

年齢の低いうちは、運動にしてもあそびにしても、お兄ちゃんやお姉ちゃんのように上手にはできません。

ケンカをしてもやっつけられ、物を取り合っても取られてしまうことが多いと思います。

そこで、“自分はダメだ”という劣等感につながらないようにしなければなりません。

できないことを上の子からからかわれていたら、上の子にはその行動は止めてもらうよう注意しましょう。

下の子には、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)の歳になったらできるようになるよ」とフォローしてあげてください。

また、お兄ちゃん(お姉ちゃん)と同じことではなくても、今できていることに注目してあげましょう。

 

スポンサーリンク

③子供をしっかり自立させる

親にとっては最後の子育てとなるため、“いつまでも幼い子供でいてほしい”、“かわいい末っ子のままでそばにいてほしい”という願望を抱きがちです。

いつまでも幼い子供扱いし続け、自立を妨げてしまうことがあります。

親自身が、子育ての他に趣味や生きがいを持っていないと、子供にしがみついてしまうこともあります。

末っ子が成長するにつれて、新しい人生の楽しみや生きがいを見つけていきましょうね。

末っ子もいつかは自立してゆくのだという自覚を忘れず、子供の親離れを親としても応援してあげてましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

子離れ

末っ子は、“何もできない甘ちゃん”とよく言われますよね。

そんな“甘ちゃん”と言われないようにするには、親の意識も非常に大切になるのです。

私にも子供がいて、末っ子はとても可愛いし、いつまでも赤ちゃんと思ってしまいます。

でもこのままではいけませんよね・・・(笑)

親も子離れし、親離れできる子供になるよう一緒にがんばりましょう!

コメント