すぐ泣く子供の心理とは?泣く子への対応方法5つお教えします!

2018年4月20日




泣く子

  • うちの子、ちょっとしたことですぐ泣くなぁ・・・。
  • こんなによく泣くのうちの子だけじゃないかなぁ・・・。

などお悩みのお母さん。

確かにすぐ泣くのはちょっと心配になっちゃいますよね。

 

なぜすぐに泣くのか、その原因と対応方法をずばりお教えします!

 

スポンサーリンク


なぜすぐ泣くの?泣いてる子の心理は?

泣くときの子供の心理について、具体的な状況をもとにお伝えしていきます。

 

状況①トランプなどで負けてすぐ泣く

絶対勝ちたかった!負けたくなかった!などの気持ちをうまく表現できず、“泣く”ことでしか表現ができない。

 

状況②スーパーなどで買って買ってと泣く

泣けば言うことをきいてもらえると思っているから泣くのです。

子供は意外と利口なので、

「泣けば買ってもらえるか試してみよう」
「人前ではママは怒らないとわかっているから、ダダこねよう。」

と思って泣いてみている可能性があります。

 

状況③転んだりちょっとしたことで泣く

もっとママやパパに甘えたい、もっと構って欲しいという心の現れです。

もっと私を見て~!のSOSかもしれません。

子供の心理がわかっても、泣いているとどうしていいかわからなくなってしまいますよね。

次からは、すぐ泣く子の対処法をお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

 

すぐ泣く子の対処法を5つお教えします!!!

味方

①言葉で気持ちを伝えられるよう誘導する

今、どういう気持ちなのか聞いてあげてください。

「本当はどうしたかったの?そうか、じゃあ今度は、○○できるように一緒にがんばろう!」

など、泣くこと以外で問題を解決する方法があることを具体的に教えてあげてください。

 

泣かずに伝えられたときには、

「泣かないでちゃんと言えたね、えらかったね!」

と、きちんと子どもをほめてあげましょう。

 

②優しく抱きしめる

泣くと親もイライラしてしまいがちですが、そこはグッとこらえて優しく抱きしめてあげてください。

お互いの温もりを感じ、お互いが心を落ちつけられるようにしてみてください。

いつかは泣き止むと、気長に付き合ってみましょう。

 

③日ごろから大好きだよと伝え、スキンシップをとる

「大好きだよ。いつも見守っているよ。」

ということを言葉や関わりの中でしっかり伝えてあげましょう。

 

抱きしめたりスキンシップをとりながら伝えてみてください。

 

④甘えさせてあげる

甘やかすと甘えさせるは違います。

 

甘やかすというのは、欲しがるものをなんでも買い与えたりすることや、悪いことをしても注意しないことです。

甘えさせてあげるというのは、子供が「膝に座りたい」と言ってきたときは、膝に座らせてあげたり、「お話を聞いてほしい」と言ってきたときにはしっかり聞いてあげることです。

 

甘えてきたときにちゃんと答えてあげると、子供は満たされます。

 

こんな記事も書いています。参考にどうぞ!

 

⑤子どもは泣くのが仕事と割り切る

泣く=自分の感情が出せている=成長 

なのです!

 

とはいえ、お友達と遊んでいるときにすぐ泣いたりすると、相手のお母さんにも迷惑をかけてしまいますよね。

相手のお母さんは、うちの子が泣かせた!と思ってしまうと思うんです。

 

あらかじめ、「うちの子すぐ泣くから気にしないで~」と伝えておくのも良いかと思います。

 

1歳のすぐ泣く子の心理や対応について

1歳のすぐ泣く・よく泣く子供の心理や対応方法などについては、以下の記事に詳しくまとめています。

こちらも是非参考にしてみてください。

 

2歳のすぐ泣く子の心理や対応について

2歳のすぐ泣く・よく泣く子供の心理や対応方法などについては、以下の記事に詳しくまとめています。

こちらも是非参考にしてみてください。

 

3歳のすぐ泣く子の心理や対応について

3歳のすぐ泣く・よく泣く子供の心理や対応方法などについては、以下の記事に詳しくまとめています。

こちらも是非参考にしてみてください。

 

4歳のすぐ泣く子の心理や対応について

4歳のすぐ泣く・よく泣く子供の心理や対応方法などについては、以下の記事に詳しくまとめています。

こちらも是非参考にしてみてください。

 

5歳のすぐ泣く子の心理や対応について

5歳のすぐ泣く・よく泣く子供の心理や対応方法などについては、以下の記事に詳しくまとめています。

こちらも是非参考にしてみてください。

 

「泣くな!」と言ってもいい?&まとめ

大空

子供が泣き出すとイライラしてして、「泣くな!」と言ってしまいがちですが、

ずばり、「泣くな!」とは言うべきではないです。

 

子どもにとって親に嫌われることは恐怖なのです。

泣くことによって、親に嫌われると思った子どもは、泣くことを我慢します。

そして徐々に感情を表に出さない子になってしまうので、これは非常に危険です。

 

「泣くな!」と言いたい気持ちは我慢し、お伝えした下の5つの対処法を是非試してみてくださいね。

  • 言葉で気持ちを伝えられるよう誘導する
  • 優しく抱きしめる
  • 日ごろから大好きだよと伝え、スキンシップをとる
  • 甘えさせてあげる
  • 子どもは泣くのが仕事と割り切る

みなさんの子育てが少しでも楽になりますように・・・。

 

★すぐ怒る子、すぐあきらめる子についての記事も書いています。

 
 
ママ自身に時間の余裕がなくイライラしてしまい、子供に愛情が注げないなんてことありませんか?
自分のスキンケアは後回しでお肌が荒れたりシワができたりしていませんか?
 
 
そんな時間に追われているママにおすすめなのがコレ。
「保湿たっぷり!シミ対策美肌オールインワンジェル」です!
 
なんと、このオールインワンジェルは1つで「美白・化粧水・美容液・乳液・アイクリーム・保湿・クリーム・マッサージ・パック・化粧下地」の10役!
 
美肌も保湿も乾燥対策もできちゃう優れものなんです。
 
忙しいママは、是非これを使って、時間と心の余裕美肌を手に入れてくださいね。
 
 
リピート率93.9%!!
150万人が愛用している1つで10役のオールインワンジェルの詳細はこちら↓↓ yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く子供の心理とは?泣く子への対応方法5つお教えします!※気に入らなければ返金保証もありますのでご安心を。
 
 

 

 

スポンサーリンク


関連コンテンツ