すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?




yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に? 

5歳といえば、年長さん、来年は小学1年生ですね。

5歳になると自分の気持ちをわかりやすく言葉で表現できるようになっています。

これまでのような子育て奮闘から一息つける。

叱る・しつけがより合理的にできると思っていたママは多いことでしょう。

 

でも、2~3歳のいやいや期と4歳のパワーアップしたいやいや期とは比較にならないほど、5歳のいやいや期は強烈です。

わがままなのか反抗期なのか、成長の過程であると言い聞かせながらも、ママの我慢にも限界がありますね。

 

では、強烈な5歳の子供のすぐ泣く・よく泣くときの心理や原因、そして対処法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に? 

5歳の子供は、生活に必要な行動が一人でできるので、自分は自立したと認識しているようです。

その為、何を言っても「うるさい」「いや」「もう」と返すなど、巧みな言葉でママに反抗します。

では、5歳の子供のすぐ泣く・よく泣く時の心理や原因について考えてみましょう。

 

5歳児の心理や発達の特徴

5歳にもなると身の回りのことは自分でできるようになり、友達と決まりをつくったりもします。

そして、自分と異なる思いや考えを認めたりする力が身に付いていくのがこの時期です。

大人になったと思っていた5歳児のすぐ泣く・よく泣く時の心理や原因はなんなのでしょう。

まずは、この時期の子供の心理・発達の特徴をみてみましょう。

 

特徴①基本的な生活習慣の確立

起床から就寝まで、大人の指示がなくても、手洗い・食事・排泄・着替えなど順を追って行うようになり、自立してきます。

人の役に立つことが嬉しく誇らしく感じられ、自主的に大人の手伝いをしたり、年下の子供の世話をしたりと、感受性を持つようになります。

 

特徴②運動能力の高まり

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

縄跳びやボール遊びなど、複雑な運動ができるようになり、大人とほとんど同じ行動が可能となります。

手先の器用さが増し、小さなものをつまむ・ひもを結ぶ・雑巾を絞るなどができるようになります。

運動機能の高まりは、子供の自主性や自律性を育てていきます。

 

特徴③目的のある集団行動

5歳を過ぎると物事を対比する能力が育ち、時間や空間の認識が深まります。

目的に向かって楽しく活動する為には、自分の役割を果たし、決まりを守ることが大切であることを実感していきます。

 

特徴④思考力の芽生え

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

5歳の子供は、自分なりに考え、納得のいく理由で物事の判断ができる基礎を培っていきます。

また、納得できないことに対して反発したり、言葉を使って調整するなどの力が芽生えます。

自ら考えながら、自分の気持ちをわかりやすく表現できたり、相手の気持ちを聞く力が育ち、社会生活に必要な基本的な力を身に付けるようになります。

 

特徴⑤仲間の中の人としての自覚

集団での活動の高まりとともに、子供は仲間の中で様々な葛藤(かっとう)を体験しながら成長します。

子供は、次第に仲間が必要であることを実感、仲間の中の一人としての自覚が生まれ、自分への自信と友達への親しみや信頼感を高めていきます

 

②5歳の子がすぐ泣く・よく泣く原因は「自律性によって強くなった自立心」

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

5歳になると、自分で何でもできるという自信から自律性が強くなります。

ママからの支配や制約を受けずに、子供自身が考えている規範に従って行動したい自律性が強くなり、ママから離れて独り立ちするような自立心が芽生えます。

その為、自分の考えた通りにならないとすぐに泣いたり、反抗したりします。

 

まだまだ未熟な5歳の自律性と自立心が、大人からみると5歳のいやいや期であったり、わがままに見えてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

すぐ泣く・よく泣く5歳の子供への対処法

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

これまでの育て方が悪かったのかと思い詰めるほどショックを受ける5歳児の泣き方と反抗期の過酷さ。

そんな5歳の子供がすぐ泣く時の特徴と対処法について紹介します。

 

①夜泣きと夜驚症(やきょうしょう)

夜泣きというと赤ちゃんの頃だけかと思っていませんか?

でも、5歳の子供でも夜寝ているときに、泣くことがあるんです。

 

夜泣きとは

夜泣きは、浅い睡眠の時に起こります。

パット目を開けたらママが隣にいなかったり、部屋の暗さに驚いて泣きだすのです。

この時期は、色々なことを認識する中で、刺激を受けたり・不安になったり・心配してみたりと心の中で葛藤の日々なんです。

それらの心細さが夜中に蘇(よみが)って思い出し、泣き出します

 

このような時の対処法としては、ママは優しく声をかけてあげましょう

泣き出しても半分は夢の中の状態です。

「どうしたの、早く寝なさい!」

「明日も早いんだから、お願い寝て!」

などと、言うことは避けましょう。

 

「大丈夫、一緒に寝よう」

などと、抱きしめたり抱っこや腕枕で一緒に寝てあげてください。

ママの声と安心感が一番の睡眠への誘導となります。

日々の不安や心配を乗り越えた頃に、夜泣きはなくなるでしょう。

 

夜驚症とは

夜泣きとは違って、深い睡眠状態の時に急に目を覚まし泣き始める、または泣き叫ぶことです。

夜驚症の時は、泣き叫ぶ子供にいくら声をかけても子供の耳には届きません。

どんなに話しかけても届かないのです。

 

夜驚症は眠り初めて3時間ぐらいに集中することが、わかっています。

そして、夜驚症は10歳ぐらいまでに、自然に治まると言われています。

 

夜驚症の症状がみられたら、しばらく様子を見ることにしましょう。

子供が眠ってから3時間後ぐらいに泣き出して、声をかけても届かないようなときは夜驚症なので、見守るしかないのです。

 

就寝後、突然子供の泣き叫ぶ声で起きるのは、非常にストレスになりますね。

ママが慌てたり、無駄に疲れないように、夜驚症だなと思ったら子供が寝始めてから3時間ぐらいは自分は起きていることをおすすめします。

 

夜泣きにしても、夜驚症にしても、特徴を知って冷静に対処すれば、必要以上に疲れることを回避できます。

毎晩かと、悲観せずに頑張り過ぎずに、続く夜泣きを乗り切ってください。

 

②すぐ怒る・すぐ泣く

5歳の反抗期は、子供から返される言葉のひどさに驚きますね。

「うるせえ」「バカ」「わかってる」

それでも、返答があるだけましです。

 

時には、ママを完全に無視することも。

そして、注意すると些細なことで泣き出します。

では、そんな時の対処法としては、

 

泣いている理由を聞く

大人になったと思える5歳の子供でも、著しい発達の真っ最中です。

日々、色々な刺激を受け、新しいことを認識して、頭も心も身体もその変化を受け入れるのに精一杯です。

そして、自分の認識したことから自律性が強くなり、自立したような気持になって、ママに対抗します。

対処としては、子供が落ち着くのを待って、泣いた理由を聞いてみましょう

そして、ゆっくりと泣いても良い場合と、泣いても欲求は通らない現実を伝えましょう

例えば、

  • 自分が絶対に正しいと思うことは泣いてもいいから主張していい。
  • 自分の欲求を満たす為に泣いてもママは受け入れない。

など、ママもしっかり一貫した態度を貫きましょう。

 

言葉遣いに注意する

言葉での会話力がアップする5歳児に対して、ママはつい命令するような言動をしてしまいます。

「片づけて」

「ごはんだよ」

「急いで」

「何で言うことを聞かないの」

などなど。

でも、子供にはすでに自立心が備わっており、ママのこのような命令的な言葉には直ぐに拒絶反応を示します。

子供はママの付属品ではありません。

別の一人の人間として、使用する言葉遣いには十分気を付けることが必要です。

 

約束事を増やす

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

会話力がアップしているので、子供と約束事を増やしていきましょう。

生活習慣では、食事・遊び・就寝の時間など、子供と相談して決めていきます。

 

例えば、時間なら時計を指して、日付ならカレンダーを利用します。

そして、決めた時間の前に、

「今、〇時だからあと30分で寝る時間だね」

などと、時計を指して事前に予告するのも効果的です。

 

5歳の子供は、子供同士でも決まりをつくることができます。

ママとは二人の約束、パパを含めて家族での決まりをつくることによって、5歳の子供は約束事や決まりを、守るようになります。

日々の出来事の中で、よく泣く時の前後の状況を把握して、そのことについて子供と約束しておけば予防できます。

 

保育園や幼稚園での過ごし方をチェック

家でのママへの反抗の態度は、保育園や幼稚園でも見られるのでしょうか。

5歳の子供はとても賢くなっています、が、同時にとても未熟です。

 

故に、園では保育士の言うことを受け入れ、集団生活に没頭(ぼっとう)する反面、帰宅したらママに甘えるということは自然なことですね。

 

発達障害などの心配があるときも、早めに保育士の先生に相談することをおすすめします。

結果、発達障害でなくても、ママが悩んでいる問題に対して具体的なアドバイスをしてもらえると思います。

 

スポンサーリンク

5歳の男の子は特に育てにくい?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

5歳の息子と日々奮闘していると、5歳の男の子は育てにくいのかな?と、悩んでしまうママも多いようです。

5歳の男の子には何をいっても、否定形な言葉が返ってくる、突っかかてくるなどの特徴がありますね。

「いちいちうるさいなー!」

「わかってるって!」

「いやだー!」

などの言葉が頻繁にでてきます。

 

でも、男の子と女の子では特徴が多少異なるだけで、男の子だから特に育てにくいとは限りません。

子供一人ひとりには個性があり、全ての子供の発達の状況や状態は異なります。

 

最近では、「いい子症候群」なる、親の様子をうかがい・親の望み通りの良い子になろうとする子供がみられます。

本当の気持ちを我慢したり、親に良い子に見られたいと強く思うことから、自分を抑えてしまう子供がなりやすいようです。

なので、親の前で素直な自分の気持ちを表現できるというのは、喜ぶべきかもしれません。

息子でも娘でも、その個性を大切に見守ってあげたいものですね。

 

スポンサーリンク

まとめ 

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - すぐ泣く・よく泣く5歳の子供の心理や原因・対処法とは?男の子は特に?

いかがでしたか?

 

5歳の子供がすぐに泣くのは、身体能力や言語力が大きく成長しても、まだまだ発達の真っ最中であるという証です。

そして、自分の気持ちを表現できるようになったからこそ、ママの言葉に敏感に反応してしまうようですね。

5歳の小さな大人を、一人の対等の人間として決まりをつくったり、相談したりして自立心を養っていきたいものです。

 

命令的な言葉は控えて、一緒に歩んでいくような会話術で子供との貴重な時間を大切にしてください。                 

コメント