短時間勤務制度って?子供が何歳まで?時間など条件は?法律と実態




短時間勤務

短時間勤務制度とは、みなさんご存知ですか?

働くママさん、利用されていますか?

私は、小学生と保育園児のママです。

私の働く会社でもこの制度を取り扱っており、

私も利用させてもらっています。

 

(こちらの記事も書いています>>短時間勤務だと給与・賞与はどうなる?上司の評価は?不満な人もいる?

 

この制度について、

実際に法律ではどうなっているのかが気になり、

調べてみました。

そして、子供が何歳まで取得可能か、

時間は最大どれだけとれるか、

などの条件を実際に私の働く会社の制度と比較

してみました。

私が実際に取っている内容もあわせてお伝え

しますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

時間短縮勤務制度についての法律

厚生労働省のホームページで

時間短縮勤務制度について調べてみました。

所定労働時間の短縮措置(短時間勤務制度) (第23条第1項)

事業主は、3歳に満たない子を養育する労働者について、労働者が希望すれば利用できる、所定労働時間を短縮することにより当該労働者が就業しつつ子を養育することを容易にするための 措置(短時間勤務制度)を講じなければなりません。

(1)短時間勤務制度の対象となる労働者

短時間勤務制度の対象となる労働者は、次のすべてに該当する労働者です。

  • 3歳に満たない子を養育する労働者であること。
  • 1日の所定労働時間が6時間以下でないこと。
  • 日々雇用される者でないこと。
  • 短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと。
  • 労使協定により適用除外とされた労働者でないこと。

(2)短時間勤務制度の内容

短時間勤務制度は、1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含むものとしなければなりません。

 

これらは育児・介護休業法に定める最低基準であり、各事業所においてこれを上回る制度とすることは望ましいものです。

 

もっと詳しいことについては、厚生労働省の

ホームページを確認してみてくださいね。

これは、法律での最低基準であり、

これを上回る制度とすることは望ましいとのこと。

自分の働く会社の制度も気になりますよね。

私の会社のことを参考にお伝えしていきます!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

短時間勤務 私の働く会社の制度と私の実態

私の会社では、上回る制度なのか・・・?

気になったので、調べてみました!

 

私の働く会社での制度(就業規則より)

会社

≪対象者≫

 小学校1年生年度末までの子を養育する従業員

 

≪取得時間≫

(1)満3歳に達するまでの子を養育する場合

 就業時間に対して1日120分を限度に

 就業時間を6時間まで、

 始業側か終業側のいずれかを

 繰り下げもしくは繰り上げることができる。

 または始業側と終業側の双方を繰り下げ

 もしくは繰り上げることができる。

 ただし、繰上げ、繰り下げの時間は

 30分単位で申請するものとする。

 

(2)満3歳に到達後、小学校1年生年度末までの子を養育する場合

 就業時間に対して1日60分を限度に

 就業時間を7時間まで、

 始業側か終業側のいずれかを

 繰り下げもしくは繰り上げることができる。

 または始業側と終業側の双方を繰り下げ

 もしくは繰り上げることができる。

 ただし、繰上げ、繰り下げの時間は

 30分単位で申請するものとする。

 

対象者について、

法律では3歳までだけれど、

私の会社では小学校1年生年度末までと、

法律を上回る制度を定めてくれているようです。

いい会社で働けているのだな~と

ちょっとありがたく思いました。

 

私が実際に取っている内容

時間短縮勤務

私は、下の子が保育園の年中です。

この下の子を出産し、育休明けからこの制度を

利用させてもらっています。

上の子は小学校4年生で、この子が小さいときに

私の会社でも制度が導入されましたが、

利用者があまりいなく、

私は使わずに働いていました。

この頃は、なんとかやっていっていましたが、

やはり大変でしたね。

そして、私が実際に取っている内容は、

朝30分、帰り30分の時間短縮です。

みんなより30分遅く出社し、

30分早く帰宅させてもらっています

私の会社は、従業員数も多く、

3000人くらいが朝一気に出社してきます。

しかも、田舎なので、ほぼみんな車通勤で、

会社の近くでは、ありえないくらいの

渋滞が発生します。

出社・退社の時間をズラすことで、

その渋滞のラッシュに巻き込まれないだけでも、

かなり助かっています。

 

(こちらの記事も書いています>>短時間勤務だと給与・賞与はどうなる?上司の評価は?不満な人もいる?

 

スポンサーリンク

まとめ

親子の時間

この制度は、すべての会社で導入すべき義務

あるようです。

しかも、この制度は、

一定期間の有期雇用契約の労働者や、

時間給契約をしているいわゆるパートタイマー

も適用対象になるのです。

有期雇用者であっても、

1年以上雇用されるに至った後はこの制度の

対象となります。

パートタイマーであっても、

実質6時間超の所定労働時間で週3日以上

所定労働日がある場合

この制度の対象となるのです。

そんな制度、うちの会社では使えないよな・・・

と諦めてしまっているママ、

勇気を出して、会社に聞いてみてください。

働くママさん、使える制度はどんどん利用して、

子供との時間もっと作ってあげてくださいね。

時間ができると気持ちにも余裕がでます。

ほんの30分、1時間だけでも時間ができると

全然違いますよ。

どうか、この制度を利用できるママが

増えていきますように・・・

コメント