ラベンダーは万能アロマ!頭痛や傷や不眠を治す効能が!おすすめブレンドも教えます!




ラベンダー 万能

 

私は、病気やケガをしてもほぼ薬は飲まず、自然療法で治すという生活を約5年前から送っています。

 

こちらの記事も参考にどうぞ!

↓↓↓

自然療法で咳や熱、インフルエンザも治せます!~病院大好きだった私の実体験~

 

その自然療法のひとつとして、アロマを取り入れています。

 

アロマの中で、もっとも万能で、私がよく使用しているのが「ラベンダー」です。

 

このラベンダーの詳細や、効能、おすすめブレンドについて紹介していきますので、是非、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ラベンダーの詳細や効能

ラベンダー 特徴

 

ラベンダーの精油はリラックス効果が高く、安眠効果があることで有名です。

 

作用が穏やかで用途が広く、アロマテラピーでもっともよく使われるもののひとつです。

 

古代ローマでは、傷の手当にこのハーブを浴槽に入れてから沐浴していたそうです。

 

また、防虫効果があることも古くから知られており、ヨーロッパでは、肌着入れにラベンダーの花穂の入ったサシェを入れて、虫よけにしていたそうです。

 

香りの特徴

さわやかな酸味と、クリアで軽さのあるフローラルな香り。

 

使用の際の注意事項

妊娠中は芳香浴以外の使用を避けること。

 

また、低血圧の人は、催眠作用が働きすぎることがあるので、車の運転など、集中力が必要な作業の前は使用をしないこと。

 

 

スポンサーリンク

こんなときに&おすすめブレント

万能なラベンダーですが、実際にどんなときに使用するのがいいのか・・・

今から少し詳しくお伝えしていきますね。

 

また、アロマは1種類でも効果を発揮しますが、2種類以上をブレンドすることによって、さらに効能がアップするのです。

 

実際にどのアロマとブレンドするといいのかもあわせてお伝えしていきます。

 

頭痛など痛みを抑えたいとき

ラベンダー 頭痛

 

ラベンダーには、筋肉を緩める作用や、痛みを鎮める作用、痙攣を抑える作用があります。

 

頭痛筋肉痛生理痛などの症状の緩和にも有効です。

 

免疫力を強める働きもあり、感染症の予防にも役立ちます。

 

おすすめブレント

頭痛など痛みを抑えたいときにラベンダーとブレンドすることで、更なる効果を発揮するアロマはこれ!

 

ラベンダー +

  • ペパーミント
  • レモン
  • オレンジ
  • ローズマリー
  • マンダリン
  • クラリセージ
  • プチグレイン
  • タラゴン
  • マジョラム
  • ユーカリ
  • ティーツリー
  • サンダルウッド     など

 

これらの中から数種類選んでブレンドするのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

傷や火傷、虫刺されなど皮膚を手当てしたいとき

ラベンダーには、抗炎症作用や殺菌・消毒作用、癒傷作用、細胞成長促進作用などがあり、傷の治りを早める効果があります。

 

特に、軽いやけどの応急手当てに優れた効果を発揮します。

痛みが治まり、跡が残りにくくなります。

 

また、虫刺され日焼け乾燥肌ニキビなどの手当てにも有効です。

 

おすすめブレント

皮膚の手当てをしたいときにラベンダーとブレンドすることで、更なる効果を発揮するアロマはこれ!

 

ラベンダー +

 

これらの中から数種類選んでブレンドするのがおすすめです。

 

安眠したいとき、リラックスしたいとき

ラベンダー 不眠

 

ラベンダーには、自律神経のバランスを整える作用があり、不安やストレスを抱えた心を癒して、深くリラックスさせる効果があります。

 

また、脳内物質のセロトニンの分泌も促す作用があり、それによって、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌も促進され、不眠にも優れた効果を発揮します。

 

おすすめブレンド

眠れないときやリラックスしたいときにラベンダーとブレンドすることで、更なる効果を発揮するアロマはこれ!

ラベンダー +

  • マジョラム
  • クラリセージ
  • プチグレイン
  • レモン
  • ネロリ
  • レモングラス   など

これらの中から数種類選んでブレンドするのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ラベンダー 万能

 

アロマは、香りでリラックスする効果の他にも体の不調も緩和する作用があるのです。

 

特にラベンダーは万能で、常備しておくととても役に立ちます。

 

みなさんもアロマを上手に生活に取り入れてみてくださいね。

 

コメント